ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【月下美人ドリビーム0.9】辻原伸弥 監修! メバリングのアミパターン・プランクトンパターン攻略の最終兵器を徹底解剖

メバリング特集2019

この時期のお楽しみ! といえばメバリングですよね!

そんな人気のメバリングの最新テクやアイテムを探るべく、オカッパリメバリングの取材に行ってきました。

取材をお願いしたのは、辻原伸弥 (つじはら・しんや)さん。

ご存知の方も多いかとは思うんですけど、辻原さんは、あのダイワのアジ・メバブランド「月下美人」の主要立ち上げメンバーの名を連ねる人物。

そしてこれまで月下美人から数々のアジング・メバリングルアーをプロデュースしているんです。恐らくこれまで月下美人から登場したワームやプラグの大部分は辻原さんプロデュースのモノだと思います。

辻原 伸弥(Shinya Tsujihara) プロフィール

メバリングやアジング、エギング、シーバスなどのライトSWゲームを得意とし、国内のみならず海外でも活動するベテランアングラー。ダイワの月下美人・エメラルダスブランドでは黎明期から深く開発に携わり自身のプロデュースルアーを多数発表。日豊富な経験から培った独自の理論、日々のフィールドワークを通じ、新たなテクニックやプロダクト開発を続けている。元祖シーバステクニック「ダーティング」の発案者としても有名。ダイワフィールドテスター。ホームは神戸-明石エリア。兵庫県神戸出身&在住。1967年生まれ 

さて、今回はそんな辻原さんの最新メバリングをエグるべくオカッパリ・メバリング取材に行ってきたというわけなんです。

ロケではいろんな辻原さんが提唱する最新テクや、辻原さんプロデュースのNEWアイテムが登場してきたので、少しずつご紹介していきます!

で、まずご紹介したいワームがあるんです。それは…。

 

月下美人・ドリビーム0.9【ダイワ】

辻原伸弥さんプロデュースのドリビーム0.9という名のNEWワーム!

まずその名前なんですが…。ドリというのはドリフトの略で、潮に漂わすようにリグを流して釣る・メバリングでは必須のテクのこと。そしてビームは、月下美人ワームに、いつもついている代名詞的ワード。

つまりドリビームにはドリフト攻めを意識したワームという意味が込められています。

 

ちなみに辻原さんはロケ当日、いろんなワームを多用していたんだけど、もっとも使用頻度が高かったのがドリビーム0.9という名の1inchアンダーの超小型のワーム。

 

どれぐらい小さいのか? まずは画像をチェック!

すんごーーーーく小さいのがお分かりいただけたと思います。

 

それでは、ドリビーム0.9の特長を細かくご紹介していきますね!

1 / 4
次へ