ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【暖冬のオカッパリメバリング】ベイト付きスクールを狙った数釣りパターンを紹介!

寄稿:増田将輝

こんにちわ、オリムピック・フィールドテスターの増田です。

満月大潮だった先日の話です。この日は私のホームエリアである日本海側は釣りをするには風向き的に厳しいので、思いきって淡路島に出掛けライトゲームを楽しんで来ました。

淡路島にはエキングで来たことがあるぐらいでしたが、その記憶を頼りに東側の水深があるスポットをセレクトしました。

周りの海面にはタチウオ狙いのケミホタルが揺れる中、「ヌーボーCOLTプロトタイプ」に0.8gのジクヘッドでレンジを探ります。

月が煌々と輝いてるので、常夜灯回りよりも潮が通る場所を狙ってみた2投目、フルキャストからのフォール中に一瞬ジクヘッドの重さが消えました。バイトです!
アワセと入れ、バイトがアジっぽくない?と巻き上げてみると案の定、ファーストヒットはメバルさんでした。

サイズはともかく月が輝くオープンエリアでメバルがヒットするなんて、私のホームエリアである日本海ではなかなかお目にかかれないパターン。かなり嬉しかったです!

ちなみ潮通しのよいオープンエリアでのヒットということは、メバルが群れでベイトフィッシュに付いていることもあり、連発は期待できます。

ワクワクしながらキャストすると、案の定即ヒット!
その後もサイズは判を押したように変わらないものの、2、3投ごとにヒットが続き、あっと言う間に20尾を超えました。

ベイト付きのメバルはイージーに数が釣れるので、楽しいですね。

と言うことで令和2年は暖冬の影響か、ライトゲームが好調です。
ぜひ、皆様も温かい装備でライトゲームに出かけてみてください。

使用タックル
リール:10セルテート2000(ダイワ)
ライン:シーガー・PEX4ルアーエディション0.3号(クレハ合繊)
リーダー:シーガー・グランドマックスFX1.2号(クレハ合繊)
ワーム:ピコルス(ヒルクライム)
ジクヘッド:小悪魔ジグヘッド0.8g(マグバイツ)

増田 将輝(Masateru Masuda) プロフィール

釣りを始めとする「野遊び」が身体の一部に染みついている野生人。日本海但馬~敦賀一帯をホームにし、渓流釣りから投げ釣り、バスフィッシング、エギングにイカメタル、さらにライトゲームにショアジギングと「釣りに外道無し」をモットーに魚種にこだわらずその時釣れる魚を狙って楽しんでいる。オリムピック・フィールドテスター、シーガー・インストラクター、墨族スタッフ