ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【伊藤巧が解説】2020年新作「8”フトハッスン」。ナゼ今、細長いワームなのか?

ノリーズの2020年新作「8″フトハッスン」を伊藤巧プロが解説!

出典:ノリーズ

それでは動画をどうぞ!

小さいワーム、小さい波動に慣れたバスを攻略

この8″フトハッスン(以下フトハッスン)は、あのハッスンSFがベースデザインになっているそうです。

そしてこれは「フィネスで使う」のがメインと伊藤プロ。

現在のバスシーン、小さいワーム、小さい波動、シェイクというのが主流。で、これに慣れてくる天才バスがいると。

対して細長いフトハッスンは、シェイクをしなくても自発アクション(もちろんシェイクをしても複雑に動きます)。

こちら側から動かさなくてなまめかしくアクションする、これがメチャ効果的になるそうなんです!

ノーシンカーワッキー、ジグヘッドワッキー、ネコリグなどで、ハイプレッシャーバスを攻略しましょう!