ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ティーザー15inch】奥田学のシグナルから多関節系ジャイアントスイムベイトが登場

ロボ奥田こと奥田学さんのルアーメーカー「シグナル」。

奥田 学(Manabu Okuda) プロフィール

稀代のデカバス師として知られるアングラー、マシーンのようにデカバスを追い詰め捕獲していくことからロボ奥田の愛称が生まれた。 ビッグベイトやスイムベイトというストロングな釣りから、ジグヘッドスイミングなど繊細な釣りもこなすテクニシャン。バシバシシェイク、ボトコンなどの独自テクを発表、自身のノウハウを詰め込んだルアーをシグナルやBTシリーズなどから登場させている。

 

そんなシグナルから、ちょっと気になるNEWアイテムが登場予定!それは…

ティーザー15inch【シグナル】

2020年春登場予定

シグナルから2020年には、ティーザーという名の15インチの多関節系ジャイアントスイムベイトが登場するんです!

SIZE:15inch/450g   スローシンキング、定価:5,500円(税別)

デカスギて手の平なんかには到底おさまりませんでした!

このティーザーは、シグナルと海外企業とのコラボアイテムで、シグナルが独自のカラーとボディーバランスに変更、チューニングしたモノ!

ティーザーはフロントボディー内部にフローティングコアを内蔵したスローシンキング仕様になっているので多彩なチューニングに対応!

トップフック、ダウンフックと自在なフックセットが可能で表層からボトムトレースまで変幻自在に攻めることが可能になっています!

 

 

カラーランナップは3種で全てリアルプリントカラー仕様!

1:ラージマウスバス

 

2:金鯉

 

3:真鯉

 

コイツを引いたら、間違いなくデカバスが追ってきたり、見にきたりしそうですよね!