ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【超遠投オカッパリロッド】NEWブラックスケール・ディスタンスエディションにPEラインをヘビキャロ遠投仕様のスピニングが登場

寄稿:ブラックスケールディスタンスエディション,ヘビキャロモデル,バレーヒル,

琵琶湖を中心とした遠投系オカッパリバスアングラーから絶大な人気を集めているロッド「ブラックスケールXP ディスタンスエディション」。

そんなロッドが5年ぶりにリニューアル登場するというニュースを少し前にお届けしました。

NEWブラックスケール・ディスタンスエディション【バレーヒル】
2020年春(3月頃)登場予定

【超遠投オカッパリロッド】NEWブラックスケール・ディスタンスエディションが2020年春登場!

 

この記事では先行した開発が進んでいる2本の情報をお届けしていました!

NEWブラックスケール・ディスタンスエディション シリーズコンセプト

発売されてから5年。琵琶湖独自とも言えるロングキャストゲームに対応したシリーズがブラッシュアップして新登場!

現行シリーズが圧倒的な投げやすさを重視したエントリーモデルだったのに比べて、新シリーズはアングラー自身がしっかりルアーを感じながらキャストコントロールできて、なおかつ魚のアタリを察知して任意にロッド送り込めるバランスと感度を合わせ持った「経験者向き」とも言えるセッティングに仕上げてあります。

 

(BSDC-83X) 8.3ft / エキストラヘビーパワー Lure:3/8oz~207 Line:101b~25lb
10号程度のヘビキャロをメインに、3/4oz以上のルアー全般から2ozクラスのビッグベイトまで対応できるモデルです。
また絶妙なロッドバランスとロッドレングスは、岸釣りロングキャストゲームで多用する重量級ルアーはもちろん、様々なリグにも対応できる高い汎用性と操作性を実現しています。

 

 

(BSDC-87XX) 8.7ft / エキストラヘビーパワー Lure:1/2oz~2.1/2oz Line:12lb~301b
12号程度のヘビキャロに対応する専用モデルです。従来モデルより軽く張りを強くしたブランクは、ロッド自重だけでなく持ち重りも軽減させています。

使用アングラーがキャストコントロールでき、なおかつ魚のアタリを察知してロッドを送り込めるバランスと感度を合わせ持った、まさに経験者向けのモデルと言えます。

 

 

 

さてそんな中、新たにスピニングモデルが登場する!という情報をキャッチしましたので、お届けします!

 

ブラックスケール ディスタンスエディション
BSDS-88H

(BSDS-88H) 8.8ft / ヘビーパワー lure:1/4oz~1.1/20z Line:8Lb~16Lb(PE MAX1.5号)
PEラインを使用したヘビキャロ対応のスピニングモデル。

キャスト時に向かい風等でライントラブルを起こしにくく、またビッグバスとのやり取りにおいてスピニングのドラグ性能が威力を発揮します。

そしてPEラインから伝わるダイレクトな感触は遠投先でのバイトを感じ取り、素早いフッキングを可能にします。

 

 

 

2020年春には3本が揃い踏み!
さらに2本の開発が!

 

いずれも、ヘビキャロ遠投に特化したかなり異色なスペックのロッド! 気になる人はぜひチェックしてみてくださいね!