ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ぴょんぴょんサーチってなんだ?ヤマシタの新型エギが3月に登場するぞ!

エギングはフィールドによっては1年中狙える釣りジャンルで、季節に応じて、いろんなシチュエーションで楽しめます。主にアオリイカが人気ですが、現在も高水温をキープしているエリアでは3~4kg、5kg以上の大型のレッドモンスターと呼ばれるアオリイカがあがっていて、話題になっていますよね。

そんな大人気のエギング。アオリイカに限りませんが、イカ類はやはり食べて美味しいので、釣り人全般に人気のターゲット。数年前の大ブーム期から釣り人が爆発的に増え、そのプレッシャーの影響か近年少し釣れにくくなった感もありました。

ただ、これは昨年の秋シーズンの好調により払拭。興味はあったけど、チャレンジしたことがなかったというビギナーさんの、はじめるきっかけとなったのではないでしょうか。

ただ…ぶっちゃけ、そんなに簡単ではないのがエギング。

 

基本的にはボトム(底)を取って、エギをシャクって、アタリを待つ。これの繰り返しですが、まず、着底が分からないという人も多いのでは?

そもそもエギングは0.6号や1号といった細めのPEラインを使用するのが通常。細いラインの扱いに慣れていないと操作が難しいですし、着底が分かり辛いと、根掛かりの原因にもつながります。そう、まずここのハードルが高いんですよね。

また、エギをアオリイカにアピールさせるためにビシバシと宙を切るようにシャクるのですが、これが結構体力が必要。子供さんや女性の方には難しく思えます。

そして、シャクったあとのフォール(沈下)でアタリを取っていくのですが、これがいろいろとタイプがあって見極めも必要なんですね。手元にダイレクトにアタリが伝われば問題ないですが、そういったアタリばかりではありません。ラインの動きを見てアタリを取る場合、見極められなければなりません。これもまぁまぁ難しい…。

潮の流れを感じて、ここぞというスポットでエギをシャクってアピールさせて、ラインの動きを見てアワせる。

このエギングの一連の動作、文字にすると簡単にできるようにも思えますが、初心者には難しいんです。

で、とにかくエギングを簡単に分かりやすく、をテーマに開発されたエギが、ヤマシタさんから発売されます。

SnapCrab_NoName_2017-1-27_11-15-44_No-00


シリーズ名は、eginno(エギーノ)。egi(エギ)とinnovation(革新)。2017年、新しいエギシリーズです。

出典:ヤマリア

このエギーノシリーズの第一弾となるエギが、「ぴょんぴょんサーチ」

同社の定番エギのエギ王シリーズと比較すると、かなり変わったデザインになっていますね。

エギ王 Q LIVEサーチ B01 BOK オレンジ/金テープ

出典:ヤマリア


で、具体的にどんなエギかというと…

・ボトムを取らなくてもOK

・ビシバシとシャクらなくてもOK

・イコール、簡単に釣れてしまう

SnapCrab_NoName_2017-1-27_11-15-35_No-00

とにかく、分からないだらけだった人にも、簡単なアクションでエギがいい感じに動いてくれて、アオリイイカを呼んできてくれるので、手軽に楽しめるということ。まだ、詳細なスペック等は発表されていませんが、気になりますよね!

SnapCrab_NoName_2017-1-27_11-16-30_No-00

イメージ動画配信中

発売は3月予定ですが、続報を待ちましょう!

エギーノ 特集ページ

http://www.yamaria.co.jp/cms/special/yamashita/eginno_pyonpyon/

SnapCrab_NoName_2017-1-27_11-16-8_No-00