ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

人気恒例イベント!ハヤブサ主催「2019ハヤブサ テクニカルチャレンジin第二富士見池 」レポート

2019年11月10日(日)に茨城県潮来市の「第二富士見池」で「ハヤブサ」主催の「HAYABUSA TECHNICAL CHALLENGE」というイベントが開催されたそうですよ!

 

「ハヤブサ」が主催する毎年恒例のイベント「HAYABUSA TECHNICAL CHALLENGE」が2019年11月10日(日)茨城県潮来市の「第二富士見池」で開催されました。

このイベントではハヤブサプロスタッフと一緒に釣りを楽しみながら交流を深めるというイベントで大いに盛り上がりを見せました。

イベント当日の詳細をお伝えすると…。

 

午前中は並木敏成さんをはじめとするハヤブサのプロスタッフが4つのエリアに分かれ、以下の内容で移動しながら順番にレクチャー。

「並木敏成プロ・茂手木祥吾プロによるキャスティング指導」

「青木大介プロ・咲花之人プロの適材適所なルアー選択」

「内山幸也プロ・片岡壮士プロの釣果アップに繋がるトップウォーターテクニック」

「早野剛プロ・佐々一真プロの1匹を釣るためのアプローチ術」のそれぞれ

 

レクチャー後は青空の下で、参加者とプロスタッフが一緒にランチ!

ランチ後は毎年恒例の全参加プロによるトークショーが開催されました。

 

トークショーでは時折楽しいバスプロの裏話なども交えつつ、トレブルフックの重要性やワームフックの使い分けなどの話などもあり、非常に中身の濃い内容となりました。

最後は参加者、スタッフ全員で周辺のゴミ拾いを実施!

また、今回は「台風19号災害義援金」として、参加者の方から16,454円の募金が集まり、日本赤十字社茨城支部へ納付も行われました。

 

というわけで今回も内容の濃いイベントとなった「HAYABUSA TECHNICAL CHALLENGE」。来年も開催される予定なので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

ハヤブサ(HYAYABUSA )

日本有数の金物のまち、兵庫県・播州三木を拠点とする1970年設立の老舗ハリメーカー。多数の釣魚種に対応した高品質なフックを多数輩出中! またルアーブランド「FINA」やアパレルブランド「FREE KNOT(フリーノット)」、トーナメントブランド『鬼掛(ONIGAKE)』など多くの人気ブランドを展開中。