ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【紅美人】ダイワのライトゲームモデル「月下美人EX」の真っ赤なロッドとリールを直撃!

ダイワが誇るライトゲームシリーズ・月下美人。その最高峰モデルとなる「月下美人EX AGS(ロッド)」と「月下美人EX(リール)」をジャパンフィッシングショーの会場で直撃してきた。

DSC_0183

ライトゲームロッドの月下美人EX AGS(A64LS-SMT)は、アジをメインターゲットにした高感度ロッド。従来のアジングロッドでは考えられないほど柔らかなベリーからティップ部に驚くアングラーは多いかもしれないが、これにより、ショートバイトを掛けからキャッチに持ち込むまでのアジとの対話をより味わうことができるモデルとなっている。

DSC_0179

その感度を支えるのが、ティップにチタン素材を用いたのSMT(スーパーメタルトップ)と、SVFコンパイルXナノプラスを用いたブランクスだ。さらに、ダイワ独自のガイドシステムであるAGS(エアガイドシステム)はもちろん、さらに軽く薄く、感度もUPした新型リングを搭載している。

最高峰モデルに相応しく、ダイワの最新技術をこれでもかと盛り込んだモデルとなっている。

DSC_0230

その月下美人EX AGSと対を成すリールとして開発されたのが、紅をベースにした斬新なカラーリングが特徴の「月下美人EX」だ。

このリールの1番の魅力はなんと言っても巻き感度の高さだろう。ライトゲームにおいては、水中のわずかな変化やバイトをハアクする必要があるため、スムーズな巻き心地と感度が特に要求される。

そのため月下美人EXのローター部には、現時点で最軽量となるNEWザイオン製エアローターを採用している。これは同社の名機・イグジストよりも軽いローターだ。

さらに、今やダイワの代名詞でもあるマグシールドをメインシャフトはもちろん、ラインローラーやピニオン部、ドライブギアの両端にまで配置することで、より海水に強い設計となっている。

このフルマグシールドともいえる万全の防水・耐久テクノロジーにより、ライトゲームで命取りとなる塩ガミによる回転性や感度の低下を防いでいる。

全体的な自重は165-170㌘と軽量。ドラグには、ダイワ史上最高のフィネスドラグともいえるATD(フィネス)を採用している。

DSC_0187

紅をモチーフにしたデザインに目がいきがちな月下美人EXシリーズだが、ライトゲーム最高峰のスペックは伊達じゃない。2017年のライトゲーム界を真っ赤に染め上げんばかりの勢いを感じた。