ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

大型青物を狙い撃ちできる!「ジギングのタチウオパターン」完全解説

寄稿:野田 誠二

こんにちは。野田誠二です。

ふだん私は、ルアー船の船長を務めていることもあり、オフショアのルアーフィッシングを中心にガイドを行っていますが、最近とてもアツくなってきているのが「ジギング」の「タチウオパターン」。

秋~冬に掛けて青物が捕食するベイトがイワシからタチウオに変わることで、「誘い方」「ジグの選択」「カラー」などガラリと変わってきます。

そこで今回は、タチウオパターンで使用するタックルセッティングやアクション方法について詳しく紹介していきます。

野田 誠二(Seiji Noda) プロフィール

元バスプロであり、「NBCのチャプター」や「JB戦」の出場経験を持つ。その後、「ボートシーバス」や「ジギング」といったオフショアゲームを始めたことにより、一気にソルトルアーゲームにハマる。それまでに培った「経験・知識」を生かして、現在は大阪府泉佐野市のSeaRIDE(シーライド)の船長を務める。

 

使用ジグはロングジグのシルバーが基本

まず、タチウオパターンってどんなジグを使うか気になりますよね?

ジグはロングジグのシルバーカラーがメイン。基本的なアクション方法は、ロングフォールを入れて実際にタチウオが泳いでいるような動きで、あまりジグを寝かさずに垂直に巻き上げてくることが大事です。

 

そのような誘い方であるため、タチウオパターンの際は横になりにくいジグをセレクトすることが大事。

根がかりの多いポイントで行う場合が多いので、ロングジグのリアフックを外して、ロストを減らし、少しでもジグを落としている時間を増やすことでヒットするチャンスを作りだすことができます。

 

同じシルエットのジグでも「ポイント・シチュエーション」や「材質」・「形」でアピール力が変わる

同じロングジグでも「ポイント・シチュエーション」によって、「材質」・「形」で魚へのアピールを変えてみるのも、単調に誘っている様に見える釣りですが、実は奥が深いタチパターンの面白いところでもあるんです。

最近では当船オリジナルのステンレス製のジグ(プロト)を使用することが多いですが、滞空時間がとても長い(横を向いている時間が長い)ので、魚へ長くみせる事ができるので、浅場でとても効果的でした。

 

秋から冬にかけての青物はサイズが大きいので太めのラインセッティングが重要

近年このあたりの海域で、タチウオが春頃まで釣れていることもあるのか、ロングジグで良い型のブリが狙える期間が長くなってきています。

そんな良型が出ることが魅力のタチウオパターンなんですが、秋~冬にかけて青物のサイズが上がることもあり、10kg前後のブリも姿を現すことがあります。

そんな時に重要になるのが、ラインセッティング。PEラインは、せめて2号はあった方が安心です。しかし、3ノット近くの潮が速いポイントで狙うこともあるので、太すぎる号数も不向きです。

 

大型の青物に対応するオススメラインとは?

潮や状況に応じて1.5号と2号を使い分けていますが、この時期のブリ狙いでラインで迷った場合オススメするラインがあります。

それは、「ソルティメイトPEジガーULT 8本組」【サンライン】の2号です

サンライン公式「ソルティメイトPEジガーULT 8本組」詳細ページはこちら

規格 LB 10 12 16 20 25 30 35 40 50
200m 参考号柄 0.6 0.8 1 1.2 1.5 1.7 2 2.5 3
直強力(kg)MAX 4.5 6 7.7 9.2 11 13 15.5 18.5 22
規格 LB 10 12 16 20 25 30 35 40 50
300m 参考号柄 0.6 0.8 1 1.2 1.5 1.7 2 2.5 3
直強力(kg)MAX 4.5 6 7.7 9.2 11 13 15.5 18.5 22
LB 60 80 90
参考号柄 4 5 6
直強力(kg)MAX 29 35 40
規格 LB 10 12 16 20 25 30 35
600m 参考号柄 0.6 0.8 1 1.2 1.5 1.7 2
直強力(kg)MAX 4.5 6 7.7 9.2 11 13 15.5
規格 LB 35 40 50 60 80 90
100m
連結
参考号柄 2 2.5 3 4 5 6
直強力(kg)MAX 15.5 18.5 22 29 35 40
規格 LB 100 130 160
(注)100m 参考号柄 8 10 12
直強力(kg)MAX 50 60 70

 

根掛かりが多いポイントへ行くので、ベイトリールを使用することをオススメしますが、もしスピニングリールもあるなら20~40m前後の浅場で狙う場合にスピニングがあると広範囲に狙えます。

また、「ソルティメイトPEジガーULT 8本組」を使用している理由は、特殊なコーティングがされているので、激流ポイントでもフォールスピードが早く、潮の速いエリアでも最適な伸率でしっかりフッキングが決まります。

 

ノットについて

リーダーへの結束に関してですが、この時期のブリはサイズが大きいので、FGノットやPRノットでシッカリしたノットを組む必要があります。

そして、サワラやタチウオもバイトしてくる可能性があるので、リーダーも長めに3~4ヒロは取っておいた方が良いです。

ぜひ、良型を狙えるタチパターンでブリを攻略してみてはどうでしょうか?

サンライン(SUNLINE)

1977年設立、山口県岩国市を拠点とするラインメーカー。 独自技術の開発力が高いだけでなく、大手材料メーカーや大学研究機関との連携・共同研究 により、最新テクノロジーを駆使したライン開発も進めている。また各分野に約400人強のフィールドテスターがおり、現場からのフィードバックも豊富。 最新テクノロジーが導入されたあらゆるジャンル(バス、ソルト、トラウト、鮎、へらぶな、渓流など)のラインを続々と輩出中!

ソルティメイト(SaltiMate)

ソルティメイトはサンラインのソルトウォーターゲーム専用ラインブランド。あらゆるSWゲームフィッシュ用のPE、フロロ、リーダーなどをラインナップ。エギング用の「PEエギULT」シリーズ、ライトゲーム用の「スモールゲーム」や「鯵の糸」シリーズ、ジギング用の「PEジガー」など人気アイテムがズラリ!