ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【フォールがキモ】苦手だった冬のリザーバーを克服できたメタルバイブのアクションとは

寄稿:古沢 勝利

強くシャクらないメタルバイブのアクション方法とは?

しかし、私がするメタルバイブのリフト&フォールは少し違います。

決して強くシャクることはしません。シャクるというよりはルアーをフォールさせるために上に持ち上げるイメージです。

この時期のメタルバイブの釣りはフォールさせることが最も大事であり、バイトの9割以上がフォール中なんです。

メタルバイブをフォールさせることだけを考えると、リフトは強くシャクっても関係ないように感じますよね。確かに強くシャクってもバスは釣れます。

 

強くシャクると他の魚が釣れてしまう

しかし、メタルバイブを強くシャクって使うとバス以外の魚がバイトしてくる確率がとても高くなります。

その理由は強くシャクるとメタルバイブがボトムを離れる時に、土煙が発生してしまいます。

この土煙がボトムを強く意識しているコイやニゴイ、それにウグイなどの活性を上げてしまい、結果的バイトを誘発してしまいます。

 

フリーフォールさせることでバイトを誘発

なので私のメタルバイブの使い方は、他の魚をバイトさせないようにボトムからゆっくり持ち上げてリフトさせます。

数値でいうとボトムから50~60㎝くらい持ち上げるとグッドです。

 

そして、この後がとっても大事になってきます。メタルバイブをフォールさせる時は、なるべくフリーフォールで落としこむことを意識してください。

理由はフリーフォールさせることにより生まれるメタルバイブのイレギュラーなスライドフォールがバイトを誘発させると考えているからです。

これこそが9割以上のバイトがフォール中に集中する要因です。

 

2 / 3
前へ 次へ