ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【水の中はまだ秋?】この時期”巻きモノ”でアテにいくオカッパリ術を水野浩聡が解説

連載:水野浩聡のOne more fish

こんにちは!
寒気が続々と入ってきて、周期的に雨が降り、風が吹き、放射冷却がキツくなり…といった具合に、この時期らしく寒さが身に染みるようになってきました。

しかしながら、日中はしっかりと日が差す時も結構あるので、そういった時にはレンジアップしたり、シャローフラットまで上がってきて捕食を繰り返すなど、まだまだ冬と言うには早く、水の中はバリバリの秋!といったところ。

さて、今週も陸っぱりゲームを各地でしていたんですが、深場だったり、それが隣接するようなスポットはアベレージサイズが多く、シャローフラットを要するブレイクなどでデカいのが釣れてますね。

そんなこんなで、今週は先週に引き続き、今の時期の気難しいバスをどう巻きモノで当て込んでいくかという釣りをご紹介します!

 

TNシリーズやデラクーなどリアクション要素の強い巻きモノがメイン

ここ最近の傾向は、朝の冷え込みで、午前中はアベレージサイズが固まる傾向があり、ビッグのフィーディングも当てづらいタイミング。

そのため、午前中はデラクーTNシリーズのリフト&フォールや、ボトムノックのただ巻きで数を釣っていくパターン。

で、午後からは水温上昇と風などの要素が絡んだ瞬間にシャローにいって、フィーディングフィッシュを狙いにいくという組み立てがハマっています。

ジャッカル公式「デラクー」の詳細ページはこちら

ジャッカル公式「TNシリーズ」の詳細ページはこちら

 

真冬と違って、深場にいる魚もしっかりと口を使ってくれるので、コンパクトでクイックな動きが出せるルアーであれば、魚も狭い範囲に固まっていることもあって、意外と簡単に数が釣れたりもします。

 

問題はいかにしてサイズをあげていくか?という点。

上記のようなフィーディングを狙う釣りももちろんそうですが、やはり多少冷えてもシャロー中心に釣りを展開していくのがベター。

ディープ隣接のシャローなのか、シャローフラットなのか、その辺の居場所の絞り込みが大事になってくるのですが、私は基本的に朝は前者、夕方は後者といったエリアセレクトをすることが多いですね。

 

フィーディングフィッシュ一つとっても、時間帯によってその場所がコロコロ変わるので、それさえ的確に読めたら狙ってデカいのも混ぜていけます。

 

また、デラクーのカラーについて。 写真を見てお気づきかもしれないのですが…最近はHLピンクゴールド一辺倒。

 

実は他のカラーも投げているんですが、私が行くフィールドがターンオーバーのため「水がトロトロ・泡ブクブク」…みたいに水質が悪化しているエリアが多いんです。

そんなフィールドでは、このピンクが特に効果的で、これまでもこの時期に特に実績の高いカラー。

もっともっと水温が下がって、クリアアップしてくるまでは、このカラーにも注目して投げていただきたいですね。
インパクト重視のカラーを選んでもらう方が、決着が早かったりするので、サーチ的なカラーとしても優秀です!

 

まだまだ水中は秋!
魚は人間が思ってる以上に元気に動いているので、そんな時こそ巻きモノで「当てていく」釣りを試してみましょう!

水野浩聡(Mizuno Hiroaki) プロフィール

生まれ持ったセンスと岐阜県・東濃野池群通いで培った無数のテクを武器に、全国各地のオカッパリフィールドを走り回る日々を送る。とにかく楽しむエンジョイ系フィッシングが大好物なアングラー!ジャッカル・プロスタッフ。

 

WEB連載 水野浩聡のワンモアフィッシュは毎週  木曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックしてみて下さい