ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【捕食本能を刺激】冬のリザーバーのエリア別攻略テクを紹介!

寄稿:折金 一樹
冬のバス釣り特集

折金 一樹(kazuki orikane) プロフィール

高滝湖、亀山湖、印旛沼など、千葉県のメジャーフィールドを中心に関東の様々なフィールドを駆け巡る通称「オリキン」。10年チャプター関東Bブロックチャンピオンシップ優勝、11年ブロックチャンピオンシップ東日本優勝。2016年H1グランプリとNAB21で年間総合優勝。さらに2018年H1GPXでは第4戦、5戦を優勝し年間優勝も勝ち取り、数々の高成績を残してきた。得意な釣りはサイトだが、他にもフィネスからパワーフィッシングまでハイレベルでこなす幅広さも併せ持つOSPのプロスタッフである。 最近ではyoutubeにも力を入れており数々のチャンネルに出演しながら、自分自身のチャンネルである、「オリキンちゃんねる」を開設。

こんにちは。折金一樹です。段々寒くなってきていますが、皆さんは冬にバスフィッシングに行かれることはありますか?

冬は寒くて釣れないイメージが定着していますが、決してそうではなくパターンやタイミングさえ合えば、連発させたりビッグフィッシュを捕ることができる時期でもあります。

そこで今回はそんな冬の釣りに少しでも参考になるように、これからの季節に使えるリザーバーの攻略テクニックについて紹介していきます!

 

冬のディープの釣りで狙う2つのスポットとは?

まずは私が良くするディープの釣りから紹介していきます。

冬のディープの釣りでは、大きく分けて2つ狙うスポットが存在します。

1つ目は「ディープフラット」。2つ目は「動きまわらないバスが潜む越冬エリア」。

同じディープでもそれぞれ違った要素があり、知っていることで釣果UPに繋がるのでこれから2つの要素について解説していきます。

 

1つ目:「ディープフラット」

1つ目は朝夕にフィーディング場となる「ディープフラット」です。具体的に述べると、岬からチャネルへ向かう間の傾斜が落ちきるフラットエリアのことを指します。

難しく感じるかもしれませんが、ディープの平らな地形であれば、可能性は十分にあります。

そのようなエリアにオーバーハングや太陽の向きによって構成されるシェードが加わると、さらに多くのバイトを得ることができます。そのようなシェードが絡む深場のバスは、やる気があるため、バスが居れば比較的反応は早いはずです。

しかし、「ディープフラット」を狙う際に意識してほしいポイントがあります。

そのポイントとは、「ベイトフィッシュが多くいること」、「流れが効いているか」の2つの要素。

この2つの要素の両方が欠けていると、さすがにディープフラットとはいえ、期待が薄れてしまします。

 

2つ目:「動きまわらないバスが潜む越冬エリア」

2つ目は、動きまわらないバスが潜む越冬エリア。

メインで狙う場所はバンクに近いディープエリアですが、そこに障害物が多く沈んでいるとさらに期待が膨らみます。

 

広いエリアの岩盤付近やワンドのマウス部の中央などに越冬エリアが多いので、そのような場所が狙い目になります。

 

ディープの釣りには「ドライブクロー2in」「HPシャッドテール2.5in」のダウンショットリグがベスト

ここまでは狙うエリアの話でしたが、ここからはそのようなディープの釣りでオススメするルアーを紹介していきます。

私はディープの釣りをする際にスモールワームを用いたダウンショットリグを多用します。理由は低活性のバスにルアーを吸いこみやすくするため。

冬のディープフィッシングは、水深10mのような深さを狙います。

そのような深さになると、クリアになりやすい真冬といえ、視界はゼロに等しい世界。

そんな深場のバスにワームの存在を気ずかせる必要があります。

そこで種類が多いスモールワームのダウンショットリグをする中でレスポンスの高い動きを演出してくれるルアーが、ドライブクロー2in【O.S.P】とHPシャッドテール2.5in【O.S.P】なんです。

 

ドライブクロー2in【O.S.P】

サイズ カラー 数量 本体価格
2in・3in・4in・5in 38 10(2in)・7(3in)・6(4in)・5(5in) 780円(税抜)

 

HPシャッドテール2.5in【O.S.P】

サイズ カラー 数量 本体価格
2in、2.5in、3.1in、3.6in、4.2in 29 12(2in)、10(2.5in)、8(3.1in)、7(3.6in)、7(4.2in) 780円(税抜)

O.S.P公式「ドライブクロー2inHPシャッドテール2.5in」詳細ページ

 

本来スモールワームの小さなパーツといえば、動き出しの時や小さな水流で動きにくいことがデメリットですが、ドライブクロー2inHPシャッドテール2.5inは「爪」「脚」「テール」がわずかな水流でもシッカリ動き、ワームがどのような状態でもバスにアピールし続けることができます。

 

ドライブクロー2inのスイミング映像

出典:YouTubeチャンネルO.S.P

 

HPシャッドテールのスイミング映像

出典:YouTubeチャンネルO.S.P

 

この性能は冬のディープの釣りにおいて、特に能力を発揮します。

ディープの釣りは小さいワームで、いかに存在をバスにアピールできるかが大事。

この2種のワームは、バスがひと呑みできるサイズでパーツが動き続けるので、周囲のバスをひき付ける力があります。

因みに紹介した2種のワームで釣れ始める時期はバスが本格的にディープに落ち始める10月以降。

ですが今年は台風の影響により、濁りが残っているので、11月で水深3~4mと少し浅いレンジからスタートしています。

1 / 3
次へ