ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

都会アジングの魅力と攻略のキモ【身近なパラダイス探し】

連載:家邊克己の「週刊!アジングマニアックス」

そのような厳しい状況で活躍するタックルを紹介

その時使用していたタックルは、

ロッド:6 f 3in.プロトロッド

ライン:ピンキー0.2号【サーティフォー】

リーダー:ジョイントライン0.8号【サーティフォー】

ジグヘッド:ストリームヘッド0.5g【サーティフォー】

ワーム:Jr. (色:だいだい、ふよう)【サーティフォー】

 

左上:ピンキー 右上:ジョイントライン
左下:ストリームヘッド 右下:Jr.(上:ふよう下:だいだい)

サーティフォー公式「ピンキー0.2号ジョイントライン0.8号ストリームヘッド0.5gJr. 」詳細ページ

 

博多湾では釣りをする時間が遅いことが多いので、活性の高いアジはほとんど抜かれています。ですので渋い状況でも通用する上で紹介したタックルが大事になります。

今回もいつも通り、活性が低かったので「Jr.」から始めました。マズメ時の活性が高い時などは、大きいサイズのキメラベイト【サーティフォー】やオクトパス【サーティフォー】などを使います。

 

左:キメラベイト 右: オクトパス

サーティフォー公式「キメラベイトオクトパス」詳細ページ

 

渋い状況下では明暗の境が狙い目

この場合も潮が動いていなく活性が悪かったので、狙う場所は足元の明暗。ストリームヘッドの0.5gと「Jr.のふよう」を選択し、右斜め沖3mにキャストします。

明暗の境を5カウントからはじめてスローに通します。

15カウントで通している時、何かがジグヘッドに触ったように感じ、ワームを確認するとズレていました。このような場合はアジの確率が高いので、狙いのカウントを13カウントに変更。

少し上のレンジをゆっくりロッドを立てながらトレースします。すると今度は明確にアタリがありました。

 

18cmほどのアジでしたが、計算通り釣ることができました。潮が動いていない時、プランクトンは浮いているか沈んでいるかの2パターンになります。

それにともなってアジのポジションも水面付近かボトム付近のどちらかになります。特に足元の明暗はアジがいることが多いので潮が動いていない時は絶好のポイントになります。

釣り続けていると、次第に潮が右から左に動き出し、1投1匹のペースで入れ食い状態に。

やる気全開のアジばかりでアタリも明確でそこに流していけば確実に釣れてくれます。

 

都会アジングの魅力

都会のアジングはパターンがハマれば入れ食いも良く起こり、シッカリ釣り歩くと釣れてくれることが多いです。

今後水温が下がってきたらアジの数が少なくなり、入れ食いは難しなりますが逆に渋(しぶ)いアジングを楽しめると思うので、今の内に博多湾のアジの特徴を頭に入れとかなければなりません。

2 / 3
前へ 次へ