ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【冬バス対策】低水温期に効果抜群なO.S.Pルアー3種と使い方を紹介

寄稿:大塚 高志

大塚 高志(Takashi Otsuka) プロフィール

亀山湖がホームフィールドのプロアングラー。トーナメント出場経験も豊富で「13年NBCチャプター房総で年間1位」「2018年チャプター房総第3戦優勝」などの高成績を誇る。 パワーフィネスを得意とするが、そのスタイルに縛られること無く日々研究と努力を重ねているカリスマトーナメンターである。

こんにちは! 大塚高志です。寒くなってきましたね。

このように寒くなるとバスの活性も次第に低くなり、バスに口を使わせるのは非常に困難。

そんなタフな冬バスを攻略するにあたって、私が普段欠かさず使用するルアーがあるので、今回はそれらを順番に紹介していきたいと思います!

 

朝方のフィーディングタイムにはHPミノー【O.S.P】が有効!

冬にバスを釣る鉄則として朝は表層を狙い、日中は深場を狙うことが挙げられます。

朝方はどんなに寒くてもバスはベイトフィッシュを求めてフィーディングスポットに上がって来ます。

そのような水中でフィーディングしている個体を「HPミノー3.1in」を使い、スローなI字引であったり、トゥイッチを加えるなどして狙うことが多いです。

サイズ カラー 数量 本体価格
3.1in、3.7in 21 8(3.1in)、7(3.7in) 780円

O.S.P公式「HPミノー」詳細ページはこちら

 

オススメカラーは、プロブルーベイトフィッシュカラーが特に実績アリです!

 

プロブルーベイトフィッシュ

 

HPミノーを使う場合の使用タックルはこちら!

ロッド: リンクス(LINKS62SULP+J)【フェンウィック】

リール:コンプレックスCI4+2500S【シマノ】

ライン:シューター・FC スナイパー3Lb【サンライン】

ルアー:HPミノー3.1in(色:プロブルーベイトフィッシュ)【O.S.P】

 

参考動画

出典:YouTubeチャンネル「O.S.P」

 

 

水面まで出てこれない個体を「阿修羅O.S.Pドゥルガ73SP」で狙い撃ち!

続いては「阿修羅O.S.Pドゥルガ73SP」の紹介!

狙うシチュエーションはHPミノー3.1inと同じですが、HPミノー3.1inで水面に出れない場合や、水面直下で喰わない時に「阿修羅O.S.Pドゥルガ73SP」の出番となります。

サイズ ウエイト タイプ フックサイズ カラー 本体価格
73mm 4.7g サスペンド #8 15 1,650円

O.S.P公式「阿修羅O.S.Pドゥルガ73SP」詳細ページはこちら

 

水面直下1m〜2mを狙うのがベストです。アクション方法は2ジャーク1ポーズが基本。渋い場合はポーズを長めにすることがキモです。

 

出典:YouTubeチャンネル「O.S.P」

 

ドゥルガSPを使う場合の使用タックルはこちら!

ロッド:リンクス(LINKS 63SLJ)【フェンウィック】

リール:コンプレックスCI4+2500S【シマノ】

ライン:シューター・FC スナイパー4Lb【サンライン】

ルアー:阿修羅O.S.Pドゥルガ73SP (色:HFワカサギ)【O.S.P】

 

「ドライブクロー2in」ダウンショットリグの自発的アクションでバスに猛アピール!

3つ目は「ドライブクロー2in」なんですが、なぜ2inなの? と思われている方も居られると思いますが、低水期になると水中でルアーがアクションしていても、活性が低くいので反応してくれない場合があります。

サイズ カラー 数量 本体価格
2in・3in・4in・5in 38 10(2in)・7(3in)・6(4in)・5(5in) 780円

O.S.P公式「ドライブクロー2in」詳細ページはこちら

 

ドライブクロー2inの場合は小さいボディーでありながら自発的に各パーツが動くことによりバスへ猛アピールさせて誘うことができます。

 

特にドライブクローのツメは、自発的にアピールしてくれるのでドラッキングをした場合、シェイクすることなくズル引きでも確実にバスへアピールします。これはドライブクロー2inの最大の強みです。

 

ドライブクロー2inを使う場合の使用タックルはこちら!

ロッド:エイシス(ACES 62SULPJ)【フェンウィック】

リール:コンプレックスCI4+2500S【シマノ】

ライン:シューター・FC スナイパー3Lb【サンライン】

ルアー:ドライブクロー2in(色:ブラック)【O.S.P】

シンカー:TGシンカー18 DROP SHOT(1.8g)【バレーヒル】

 

以上! 冬に効くオススメルアーの紹介でした。

O.S.P(オー・エス・ピー)

2000年6月設立。日本のみならず世界で活躍した並木敏成が代表として自身の経験を活かし、「10 Years Standard(10年基準)」をコンセプトにモノ作りを行う。日々生み出されるルアーは定番となり、多くのバスアングラーから熱く支持されている。