ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【フリーリグベイト(仮称)】フリーリグの使い手として知られる藤波和成デザインワームがバークレイ パワーベイトから登場予定

ここ数年の間に、食わせリグとして人気を集めているのがフリーリグ。そんなフリーリグ用ワームとして開発が進んでいるモノがあるんです。それは…。

 

バークレイ・パワーベイト
4.6inchフリーリグベイト(仮称)

2020年5月登場予定

バークレイで開発が進んでいるのが、仮称4.6inchフリーリグベイトというワーム。

その仮称の通り、フリーリグで使用するワームで、デザインを担当しているのが、古くからフリーリグ使いとして有名な藤波和成 (Kazushige Fujinami)さん。

まだまだ、シェイプやカラーとも最終決定のモノではないとのことですが、現時点のプロトを見せていただきました!それがコレ!

見るからにギミックが詰まっていそうなデザインですね!

このワームの特長は、水の抵抗を受けやすく、スローフォールさせやすいよう、ボディには斜め方法に深く入ったリグが採用されています。

あとアームはパタパタと動き外側に倒れ込みやすいようにデザインされています。またヒゲも先端部に水受け小刻みに震えるようになっています!

 

藤波 和成(Kazushige Fujinami) プロフィール

BBNアヤメボートパークを拠点にし、北湖メインで全湖を駆け回る人物で、PEパワーフィネスパターンなど、経験から生まれた独自の理論で結果を引きだすプロガイド。長良川でもガイド営業中。愛知出身、1972 年9月生まれ。 BBNアヤメボートパーク(野洲市菖蒲262ー189)を拠点にし、北湖メインで全湖を駆け回る人物で、PEパワーフィネスパターンなど、経験から生まれた独自の理論で結果を引きだすプロガイド(plus1アングラーズサポート)。長良川でもガイド営業中。愛知出身、1972 年9月生まれ。 ブログ:http://ameblo.jp/nagara73/

 

 

主な特長をまとめると…

フリーリグの使い手として有名な藤波和成さんがデザイン

ボディは斜め仕様リブ

全長: 4.6″

1パック8本入り (予定)で予定価格は800円税別

Feco登録予定

 

 

 

予定カラーは全8色

グリーンパンプキン

シナモンブルーフレック

マッディテナガ

スモークブラウンブルーフレック

グリーンパンプキンサファイヤブルー

FKシュリンプ

ブラックブルーフレック

ジャパンエレクトリックシャッド

フリーリグは人気だけど、フリーリグ専用ワームって珍しいので、発売が楽しみですね!

 

ピュア・フィッシング・ジャパン( PureFishing Japan )

ロッド、リール、ルアー、用品など釣りにまつわるあらゆるアイテムを扱う総合釣具メーカー。アブ・ガルシア、バークレイ、ペン、スパイダー、ハーディ、シェークスピアなど各ブランドの釣用品の企画・製造・輸入及び国内販売を展開している。1998年7月設立。