ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

シーズン開幕!手軽に楽しめるサーフのフラットフィッシュゲーム

連載:ジャッカルソルト
寄稿:杉山代悟

杉山代悟 Sugiyama Daigo プロフィール

1994年7月生まれの25歳。エリアトラウト界で知らない人はいないエキスパートアングラー。 8歳からエリアトラウトの釣りをはじめ、トーナメントに参戦したのは10歳の頃。 トラウトキング選手権の覇者に与えられるマイスターの称号を過去2回獲得、現在も上位に入賞し続けているスゴ腕アングラー。 そんなエリアトラウトでの活躍に加えて、最近はソルトウォーターの世界も満喫中! 実は静岡の海育ちで実は生粋のソルトアングラーでライトゲームからオフショアのビッグゲームもこなす。 趣味は筋トレで週4でジムに通うほどのマニアだ

皆さんこんにちは。杉山代悟です。

11月に入り静岡のサーフではフラットフィッシュが熱くなってきました。
毎年9月末くらいから釣れ始めるフラットフィッシュですが、今年は少し遅れてようやく開幕したみたいです!

というわけで。 今回は、これからまだまだアツくなりそうなサーフでのフラットゲームをご紹介しますね。

 

サーフで狙うべきポイントと使用ルアーについて

僕がメインとしてる静岡サーフは、有名な仙南サーフや遠州サーフといった遠浅ではなく、俗に言う「どん深」と言われる手前からすぐにかけ下がるエリアなので、少し狙い方が違うようです。

「どん深」のサーフの1番のポイントは手前の駆け上がり。 波打ち際の駆け上がりは魚が1番付きやすいポイントです。

僕も含めアングラーは基本、届かない沖へ沖へと投げたがるんですが…実は1番のポイントは波打ち際の駆け上がり。
手前も丹念に探ってみてください。

フラットフィッシュを狙うにあたり1番の食わせとなるルアーはやはりワームです。
1番熱いポイントの波打ち際は、ワームなどの飛距離がでないルアーでも届きスローにナチュラルにアピールが出来るので、1番の食わせルアーとなります。

 

ジャッカルからリリースされている根魚・フラットフィッシュ専用ワームに「グラビー」と「バリブルジャッド」があるんですが、特にこれらのワームが実績高め。 フラットフィッシュにとってまさに餌の様なルアーかなと思っています。

ジャッカル公式「バリブルシャッドグラビー」詳細ページ

 

「グラビー」と「バリブルジャッド」の使い方

手前の駆け上がり狙いなのでジグヘッドは7g〜14gほどの軽いジグヘッドをセット。

基本動作は、キャスト→底取→ゆっくりリトリーブ→底取り直しの繰り返しです。

ヒラメは表層まで追ってきますが、マゴチはボトムすれすれ出ないとバイトしてこないので、両方狙いたいなら底から50cm程をリトリーブするイメージで巻いてみてください。

リトリーブで当たらなかったらリフト&フォールにアクションを変えてみると急にバイトが出た、なんてこともあるので是非いろいろ試してみてくださいね!

 

1 / 2
次へ