ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

エラディケーターリアルフィネスシリーズから「ライトオフショアゲーム」が来年登場予定

「エラディケーターリアルフィネス」シリーズより、オフショアライトゲーマーに捧げるロッドが登場するとのことで大興奮!

現時点では来年5月の発売を予定しているそうですが、一足お先に現物をちょこっと紹介!

トモ清水さんが手にしているのが、エラディケーターリアルフィネス・ライトオフショアゲーム

イカメタル、バチコン、ライトタイラバなど、とにかく元来ライトなオフショアのゲームを、よりフィネスに楽しむためのロッドとなっています。

F-cloud雲丸の雲智知船長と徹底して現場で作り上げたロッドです。

エラディケーターシリーズはアブのロッドの中でもフラッグシップモデル。ということで、このライトオフショアゲームにも最新テクノロジーがたくさん!

トルザイトマイクロガイドセッティング、TAF製法、Nanoカーボンブランクスの採用を示すプリントがされています。

TAF製法は混じりっけなしの国産100%のカーボンマテリアルで構成されたブランクス。

とにかく軽い(60gを切る軽さとなる予定)、強い、というアブガルシア最高スペックのブランクスです。

TAF製法については、以前撮影させてもらいました東先生(笑)の動画も参考にしてみてください。

ものスゴい繊細なティップとスローテーパーなロッドになっていて、例えばイカメタルでいえば、わずかに入るようなアタリに、勝手に竿が付いていくような感じでイカがスッテを離さないとか。

もちろん、ティップが戻るような抜けアタリも捉えられるのです。

スピニングEROS-611ULT-TZとベイトEROC-610ULT-TZの2機種のリリースが予定されています。写真はスピニングモデルの611ULT-TZ。

アブオリジナルのリールシートは操作性がよく、軽量化&強度アップを担っています。

まさにリアルフィネスにオフショアライトゲームを楽しみたい人にうってつけ!

来春まで首を長くして発売を待ってみる価値、大アリですね!

※発売時期および仕様などは変更になる可能性があります

ピュア・フィッシング・ジャパン( PureFishing Japan )

ロッド、リール、ルアー、用品など釣りにまつわるあらゆるアイテムを扱う総合釣具メーカー。アブ・ガルシア、バークレイ、ペン、スパイダー、ハーディ、シェークスピアなど各ブランドの釣用品の企画・製造・輸入及び国内販売を展開している。1998年7月設立。