ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

カニにも、エビにも、イカにも、タコにも見える!ハイブリッドクローワーム「ジュラクロー」の使い方講座

連載:加来 匠レオン「ライトゲームマニア」

レオン 加来 匠(Kaku Takumi) プロフィール

加来匠(かく たくみ) 中国&四国エリアをホームグラウンドとし、メバルやアジ、根魚全般の釣りを得意とする生粋のソルトライトリガー。レオンというのはネットでのハンドルネームとして使い始めたが、いつの間にか、ニックネームとして定着。ワインドダートやSWベイトフィネスなどを世に広めた張本人、新たなスタイルを常に模索中! 「大人の遊びを追求するフィッシングギアを提供する」ことを目的としたプライベートプロダクション「インクスレーベル」代表もつとめる。

さて。 早速ですが、先日発売となったジュラクロー(3インチ/2.5インチ)

何が釣れるのか。どう使うのか。

不思議な形をしたワームの、一線を画した使い方をあらためてご紹介していきたいと思います。

 

不思議な形にはギミックがぎっしり

不思議な形をしたこのワーム。

インクスレーベル公式「ジュラクロー」詳細ページはこちら

 

パッと見にはザリガニ系を模したクローワームに見えますが、実は従来のクロー系やホッグ系とは対象魚や使い方において、かなり一線を画します。

その特筆すべき特徴とは…

「カニにもエビにもイカにもタコにも化けるフォルム」
「実は逆付するとクロールスイミングをする」
「クローワームなのにトップゲームがやれる」
「ノーシンカーや極軽リグで水平スローフォールを演出できる」

ジュラクローとは、そんなワームなのです。

 

クローワームのトップゲームとは

あまり聞き慣れないかもしれませんが、ワームのトップゲームは実は随分以前から企画しておりまして。

というのも、以前メバルのトップゲームをやっていた時にプラグにはどうにも反応が悪い…と、ふと思い立ち、手持ちのワームにオフセットのインチフックを着けてキャスト。

そしたら驚きで、圧倒的にボコボコ当たってくる。

プラグでは釣れないタイミングで、ワームに替えると当たる。 というのはメバルあるあるですが、これがサーフェイスゲームでも起きることを知ってチョット嬉しくなり、いつか本格的にデザインした専用ワームでやってやろうとも思っていたわけです。

とても良く釣れるし、何より面白い。
長らく自分だけのシークレットにしていたのですが、ジュラクロー発売と共についに解禁というわけです。

ジュラクローはまず根魚対応で3インチと2.5インチを先行発売し、この12月末頃には2インチのメバルEditionも発売しますが、トップゲームのオススメは2.5インチ。

なぜならば、2.5インチの浮力に加え、オフセットフック単体でもキャストできるだけのウエイト(フックと合わせて5g程度)を備えているからです。

そして、オフセットフックでは乗りが悪いときにはアシストトレブルフックの装着も簡単。

しかも、後半に出てくる連動動画でも見て頂けるように、ちょっとしたロッドワークで水面に浮かべることも、ゆっくり沈めることも自由自在にできるところが、プラグには無い優秀なところですな。

 

こんなこともできる「芸達者」なジュラクロー

さて、いきなり前代未聞のクローワームによるトップゲームから切り出しましたが、この扁平かつ多足の形状は様々なリグとの組み合わせが可能です。

オーソドックスにテキサスやジカリグなどと組み合わせての根魚釣りは当然のこと、前述したようにオフセットフック単体や+ガン玉打ちなど極軽リグとの組み合わせで、今まで攻めなかった濃いウィード密集地のポケットへ落とし込んだり、ドシャローガラガラ根掛かり地獄のようなポイントをタイトに攻めたりと、アイデア次第で多彩な攻め方が可能になります。

 

実際に使っているシーンを動画でチェック

出典:YouTubeチャンネル「INXテレビ」

 

1 / 2
次へ