ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【巻きモノパターンが大ハマり】濁ったエリアでは「チャター・スピナベ」がアツい

連載:永野総一朗「たまらんばいスポット大捜査」
寄稿:永野 総一朗,

琵琶湖今釣れるの、ココですばい!!たまらんばいスポット大捜査・第66回

永野総一朗 Nagano Soichiro プロフィール

思い出に残る楽しいガイドサービスをモットーに連日出撃中の人気プロガイド「たまらんばい永野」とは彼のこと!! 巻きから繊細な食わせまで幅広く柔軟にこなす人物で、ご存知「高菜漬け」も好評発売中!!  1988年2月生まれ、滋賀で頑張る福岡県人!

皆さんこんにちは! 永野総一朗です。朝晩はだいぶ冷え込んできましたが、日中は涼しくて快適ですね。

このように、秋は釣りをするには気持のイイ季節ですが、それとは逆に台風が多い時期でもありますよね。

この前の台風の影響と、その後の降り続いた雨により琵琶湖の水位は50-60cmほど増加したことに加え、同時に濁りも入りました。

しかし琵琶湖ではその濁りを利用し、最近とてもイイ釣りができているので、今回はそれについて紹介していこうと思います。

 

台風直後の濁りに対してはクランキングパターンがアツいです

台風直後は濁りにより、クランキングパターンがアツくなっていました。

 

具体的にHU400【ハイドアップ】で4mラインを高速巻きするという釣り方で、木ノ浜(このはま)〜赤野井(あかのい)のアウトサイドエッジ4mを中心に久々の巻きモノ祭りに。

ハイドアップ公式「HU400」詳細ページはこちら

 

台風後のHU400乱舞!

 

少し濁りが落ち着いてからはチャターベイトやスピナーベイトを使った巻物ゲームが好調!

しかし、その濁りが早くに落ちついてしまい、沖の強波動系巻きモノは少しパワーダウンしてしまいました。

代わりに増水したシャローでは、チャターベイトやスピナーベイトを使った巻きモノゲームが好調に!

増水シャローのチャター

 

エリアは「赤野井インサイド」「人工島水路」など、周りと比べて濁りがきいたエリアが有効になってきています。

同じシャローエリアでも「西岸ワンド内」や「北山田ワンド内」はクリアなので、喰わせることが難しい印象でした。

 

オススメチャターの紹介とセッティングについて紹介!

さて、最近よく使うチャターベイトですが、セッティングが非常に重要です。

セッティング内容について、個人的にはチャターはジャックハンマー【エバーグリーン】を使用。

 

ジャックハンマー【エバーグリーン】

出典:エバーグリーン

 

ウエイトは1/2ozをメインに使用しています。トレーラーにはハイドアップの毛の力! ウープス!80【ハイドアップ】の明るいカラーがボリューム的にベストマッチします。

 

ウープス!80【ハイドアップ】

出典:ハイドアップ

ジャックハンマー+ウープス80

 

太いトレーラーをセットすることにより千鳥(ちどり)にくくなります。

 

狙うエリアとコツについて紹介!

狙う水深はウィードの生えた1mで、ロッドとラインを一直線に保ちながらチャターをウィードに必ず絡めながら一定スピードで巻くだけです。

 

ポイントは必ずウィードに絡めることです! ちなみに手返しよく探りたいので、リールはハイギヤを使用することが多いです。

スピナーベイトも同じような巻き方です。チャターベイトよりも濁りのうすい場所に適しています。

増水シャローではスピナーベイトもアツい

 

濁りがある時はチャター。クリアならスピナーベイトでシャローをガンガン巻いていきましょう!

ウィードがもっと薄くなれば、バイブレーションパターンが初冬の巻きゲームのメインになる予感がします!

まだまだこれから上記で紹介した釣りを楽しめるので是非! デカバスを釣っちゃってくださいね!

たまにいく北湖は 深場のライトリグで拾ってます。 こちらはワッキーダウンショットが好調

 

WEB連載 琵琶湖今釣れるの、ココですばい!!たまらんばいスポット大捜査は隔週  木曜日 配信!

過去の記事もこちらからぜひチェック!