ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

オフショアジギングのタチウオパターンを大解剖【今が旬です!】

寄稿:井上 隆史

井上 隆史(Takashi Inoue) プロフィール

兵庫県のフィールドをホームグラウンドとし、休みの日も家でのんびり過ごせない昭和のアラフォー世代アングラー。週末の釣りを存分に楽しむ生粋のサラリーマンアングラーで、人なつっこい笑顔と誰とでも仲良くなれる性格とは裏腹に、ライトソルトをメインにワカサギ釣りまでマルチにこなし、『イノォさん』の愛称で親しまれている。兵庫県尼崎出身

皆さん、こんにちは! ハヤブサフィールドスタッフの井上隆史です。

釣りをするには気持ちよいシーズンになってきましたね。

季節の進行により少しずつ、朝夕の気温もさがり始め、肌寒く感じる季節になってきましたが、このような時期になると魚の活性が上がり、エサを活発に追いかけるシーズンでもあります。

 

そんな中、今まさに楽しめるのが、ボートからメタルジグで魚を誘い出す釣り! いわゆる「オフショアジギング」です。

そこで今回ハヤブサから新しく登場した、オフショア専用メタルジグ、「ジャックアイ エアジャーク」を使い、明石海峡(あかしかいきょう・兵庫県)周辺をオフショアジギングで攻略してきましたので、釣行の様子に商品の紹介を加えながら、詳しく紹介していきたい思います。

 

 オフショア専用ジグ「ジャックアイ エアジャーク」の特長とは

2019年9月に登場したのが、オフショア専用スタンダード・バーチカルメタルジグである「ジャックアイ エアジャーク」です。

 

スペック詳細

本体価格:60g700円、80g750円、100g800円、120g900円、150g1000円、200g1100円

ウェイト:60g80g100g120g150g200g

 

カラーバリエーション

 

特長について詳しく解説

左右対称のフロント重心により、軽い力でもキレのあるジャークが可能なうえ、イレギュラーなフォールも演出できる「薄型ボディ」になっています。

 

バイトを誘発させる左右非対称のホログラムは、フラッシング効果が高いのでターゲットを魅了します。

エッジの効いたボディは、さらに複雑なフラッシングやイレギュラーなフォールが演出可能。

誰もが簡単に扱えるスタンダードジグであり、長時間の使用でもシャクり疲れを軽減してくれます。

 

ここからは実釣の様子について紹介していきます!
1 / 3
次へ