ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【DEEPERとORIGINAL】ノリーズのスピナーベイトのブレードの違い

ノリーズって、かなり多くのスピナーベイトをリリースしていると思いませんか?

クリスタルSにはオリジナル、ディーパーレンジ、パワーロールにスーパースローロール…。ほかにもウィンドレンジ(タンデムウィロー、ダブルコロラド、デカコロまで)…。

出典:ノリーズ

上記が目安としての使いどころです。

似て非なるリーフブレード

ところで、スピナーベイトといえばブレードです。

このブレード、リーフブレードにもコダワリがあったりします。

リーフブレードには、例えばディーパーレンジには「DEEPER」、例えばオリジナルには「ORIGINAL」と刻印されたブレードが採用されています。

「DEEPER」と「ORIGINAL」、コレ分かりやすくするためだけでなく、別物。実はカップの深さが違ったりするのです。

「ORIGINAL」のブレードは、ブルンブルンと水をかくように力強く回ります。

基本的には「強め」のブレードといえます。

「DEEPER」は水をかき回すというよりブルルルルッとブレードが軽快に回るイメージで、水押しはORIGINALと比べ軟らかく、フラッシングでアピールする仕様となっています。

特徴を把握して使おう

ということで、ディーパーレンジという名前から「ディープで使うんでしょ?」と単純に考えることなくセレクトしていくと、より幅が広がりますよね。

例えば、水噛みを抑えた控え目アピールがよいと判断できれば、ディーパーブレードが効果的なんてことも多いのです。

逆に、深いレンジで自分が何をしているか分からないなんて時は、ブレード振動が強いオリジナルブレードも手です。

■関連動画