ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

水野浩聡が秋のオカッパリバス釣りフィールドタイプ別オススメルアーと使い方を紹介【リザーバーと河川】

連載:水野浩聡のOne more fish
寄稿:水野 浩聡
秋のバス釣り特集

こんにちは! すっかり秋の釣りのハイシーズンという感じですね。

そんなこともあり、最近は怒涛のスケジュールでした!

陸っぱりロケや琵琶湖ボート、そして地元の湖での釣り大会へゲスト参加をさせていただいたり…、連日様々なフィールドで釣りをしてきましたよ!

 

リザーバーのオカッパリではベイト食いバスに対してデラブレイク攻めが炸裂っ!

というわけで、まずはロケの模様から!

最初のロケはリザーバー釣行ということで、バックウォーターから釣り歩いて行ったんですが、インサイドベンドのシャローフラットではベイトが大量にいて、そこでフィーディングに上がるバスを狙っていきました。

で、今回は「デラシリーズで秋のフィールドでとにかくたくさんのバスを仕留めよ」というお題が出ていたので、手持ちのデラシリーズの中でもその状況にマッチするルアーをセレクト。

ここでは、デラブレイク1/4ozアイシャッドテール2.8インチをセットしたものを使用。

ジャッカル公式「デラブレイク」の詳細ページはこちら
ジャッカル公式「アイシャッドテール」の詳細ページはこちら

この、デラブレイク。数あるデラシリーズの中でも圧倒的に巻きの速さを出せ、レンジキープもしやすいんです。

細かなベイトフィッシュを追っている条件下で、とにかくバスに見切れる前に速さで口を使わすことが可能なルアーなんですよね。

フォローでノーシンカーなども投入したんですが、実はこれには全く反応してくれず。
結局40アップを含めた、たくさんの魚がデラブレイクにバイトしてきました!

ちょうど雨も降っていたこともあり、とにかくバスにルアーを見つけさせて追わせるということが重要だったように思います。

 

今回キモになったのがデラブレークのトレーラーにアイシャッドテール2.8inchを合わせたこと

今回はさらに、アイシャッドテール2.8インチをトレーラーにするというところがキモ!

抵抗値が低く、浮き上がりも最小限に抑えながら、小さなシャッドテールが本体のチドリを少なくしてくれて、高速でも超安定して泳ぐセッティング。

ぜひ、秋のベイト食いのバスにお試しください。

 

けっこうな雨が降っている中、ポイントに入り直すと反転流へのデラボール攻めに一発回答

当日は雨がけっこう降っていたこともあり、その後再度入り直したタイミングでは濁りはそんなにないもののけっこう増水。

さらに流れも太くなっているということで、今度は反転流だけを素早くチェックしていくためにデラボールを投入。

ジャッカル公式「デラボール」の詳細ページはこちら

良い場所での一発を手っ取り早く仕留めようと思うと、やはり親玉のデラボール

これがわずか一投で結果が出るという…

しかし、雨で水温も下がってしまい、その後はショートバイトも多発。

 

そこでフォローに選んだのは、ジャッカル赤パケシリーズのヤミーフィッシュ3inchのノーシンカー。

ジャッカル公式「ヤミーフィッシュ」の詳細ページはこちら

 

反転流と冠水ブッシュが絡むスポットに落とすと…、これまた一発回答の50オーバー。

魚の反応を見ながら、的確なアプローチをした結果での魚に個人的にもかなり納得のいく瞬間でしたね。

刻々と状況が変わっていく中での釣りだったので、それ応じたルアーセレクトというのは改めて大事だなと思いました。

1 / 3
次へ