ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【人気上昇中!】SLJスーパーライトジギングのこれからのシーズンに効くタイ・青物・根魚攻略法

寄稿:鳴瀬 雄太

鳴瀬 雄太(Yuta Naruse) プロフィール

幼少期より釣りに親しみ、現在は玄界灘・響灘を中心にスーパーライトジギングのエキスパートとして活躍しているサラリーマンアングラー。 休日はほぼ釣り場へと出掛けている。愛称は、なるちゃん・海坊主などなど。 1985年生まれ。福岡県出身  福岡県在住。■ダイワ SWチームテスター

こんにちは!鳴瀬雄太(Yuta Naruse)です!

すっかり秋めいてきた状況になってきましたが、まだまだ海の中は水温が高く夏の状態が抜けない感じとなっています。

夏から秋、冬にかけて、まだまだアツくなるのがSLJ(スーパーライトジギング)!

今回はこれからの時期にメインターゲットとなるタイ・青物・根魚の攻略法をご紹介していきたいと思います!

 

 

SLJの秋パターン

秋から冬にかけてのSLJ(スーパーライトジギング)のメインターゲットとしては、タイ・青物・根魚と3本立てになってきます。
イサキは一旦来シーズンまでお休みとなりますが、たまにヒットしたりするので、特別ゲスト扱いにしましょう(笑)

さて、この時期のSLJなんですが、基本的にはハイシーズンと変わらずにシャローエリアを中心に狙う事をオススメします。

ベイトの群れがシャローエリアに集中する事が多く、それを狙うフィッシュイーターもシャローへと差してくるんです。

 

シャローで有効なジグは…

シャローエリアで釣りをする際、スピーディに誘えるTGベイトは外せません。

より誘いをスローに丁寧にするのであれば、10月に登場したばかりのFKジグSLJを使用しています!

アイテム サイズ
(mm)
標準自重
(g)
メーカー希望
本体価格(円)
30 79 30 1100
45 87 45 1200
60 99 60 1300
80 109 80 1400

ダイワ公式「FKジグSLJ」の詳細ページはこちら

今年の頭からテストにテストを重ねてでき上がったFKジグSLJ

ジグの名称であるFKは「フォールキラー」ですが、名前の通りフォールアクション特化型となりますが、ジグをしゃくった時の抜けも良くて上げの誘いにも充分に対応しています。

FKジグSLJにはアシストフックが標準装備されているので、パッケージから出してスグに使えるのが魅力!

もちろん、そのままでも十分アピールしてくれるんですが、食いが渋った時などはフックを付け替えるのもオススメです。

ランシャフックを使用したアシストフック「アシメトリー」「ランシャ」に付け替えれば、ジグの煌めきフォールアクションのアピール力を更にアップさせてくれます! 渋った魚にも猛烈アピールしてくれる事間違いなしでしょう!

ダイワ公式「SLJアシストフック アシメトリー」の詳細ページはこちら
ダイワ公式「SLJアシストフック ランシャ」の詳細ページはこちら

 

続いては…FKジグSLJを使った誘い方をご紹介!
1 / 2
次へ