ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

琵琶湖のワカサギパターン時の狙い方とTBCトーナメントでのメインパターンを紹介!

連載:諸富真二のめっちゃ若獅子!!

諸富真二(Morotomi Shinji) プロフィール

1990年3月生まれ、滋賀在住。シャロー&カバーゲームを得意とし、独自の観点から生まれたアプローチを駆使してデカバスと渡り合う、「琵琶湖の若獅子」。新進気鋭のフルタイムプロガイド。

琵琶湖の状況と主なワカサギがメインベイトの場合の狙い方について

はーい! 若獅子です! さて!! 朝晩もかなり涼しくなったというよりかは、寒く感じる日もあり、最近急に秋めいてきましたね💓

特に琵琶湖は水温が25度ぐらいまで下がり、、、魚の活性も一気に上がり始めました。

ただ、今年はバスのベイトであるワカサギのポジションが夏から変わらず、一言で述べると、ずっと夏のポジションから動いていない様子。

その様な状況の中、効果的な狙い方は、

 

主にワカサギが絡む場合の狙い方は?

・ベイトが絡んでボイルしている状態では『表層系のノーシンカー』

・少しレンジが下がった状態では『I字系プラグ』

での反応がイイ感じです。

 

見て見てこの体高💓 やっぱり琵琶湖クオリティーはホンマ半端ないです。

今後は台風や、大雨等のタイミングで一気に魚がシャローへ動いたりフラットエリアの巻物展開も期待できます。

 

連戦中のTBCトーナメントではトップウォーターの釣りをメインに

話は変わりますが若獅子は利根川バスクラブが開催している、TBCトーナメントに連戦の為、利根川に滞在しています。

 

琵琶湖の島後っちパイセンと、TBCトーナメント第5戦デプスCUPの為、まっつんさんも利根川イン💓

先日行われたTBCトーナメント第5戦デプスCUPでは、トップウォーターの釣りをメインに組むも、当日は引き波対策が出来ておらずスモラバのカバー撃ちにシフト。

 

何とか3本釣って2,440gで15位という不本意な結果でした。

但し、プラでは『レイダウンミノー・ウェイクプロッププラス』で強烈に反応していました。

出典:ノリーズ

 

初めてトーナメントで、トップウォーターをメインに組んだ展開でした。

皆さんも、秋のバスフィッシングを満喫しちゃって下さいね〜それでは!!

 

WEB連載 諸富真二のめっちゃ若獅子!! は隔週  日曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックしてみて下さい