ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ランガンケース】ライトゲーマーに超絶オススメのMEIHOのケースが両面収納でコンパクト!

陸っぱりランガンアングラー支援!

現場にいろんなアイテムを持ち込みたいけれど、機動力優先でタックルは最小限に。

そんなランガンライトソルトアングラーにオススメの収納があります。

その名も「ランガンケースシリーズ」。

ど直球です。もちろん、激しくランガンしないアングラーにもオススメです(笑)。

 

どの辺りがランガン仕様なのか。それは、コンパクトなのに収納力がすごいからです。

この「ランガンケースシリーズ」は両面収納になっています。

両面収納なので、ケース2つ分の厚みよりも小さいし、何より使い勝手がいいんです。

両面収納も選べる3タイプ、サイズも2サイズあります。

選べる両面収納、タイプは3つ!

MEIHOさんの両面収納ケースは、仕切り収納と、スリットフォームの2パターンあって、両面仕切り収納、両面スリットフォーム、片面仕切り収納&片面スリットフォームの3タイプがあります。

赤色は片面仕切り&片面スリットフォーム、黄色は両面スリットフォーム、白色が両面仕切り収納になっています。

ちなみにスリットフォームはこんな感じです。これは取り出しやすいですよね。

「ランガンケース3010W-1」にジグヘッドをセット

「ランガンケース」シリーズは2サイズの展開です。

大容量の「ランガンケース3010W」

大きい方が、「ランガンケース3010W」シリーズ。

「VS-3010」、通称・サンマルイチマル。みなさんもよくお使いになる、お店にもたくさん並んでいるケースです。それと同サイズ。

■SPEC

サイズ 仕切り板 カラー メーカー販売価格
ランガンケース3010W 205×145×40mm 可変仕切板48枚付 ¥1,300
ランガンケース3010W-1 205×145×40mm 可変仕切板24枚付 ¥1,300
ランガンケース3010W-2 205×145×40mm ¥1,300

コンパクトタイプの「ランガンケース1010W」

小さいサイズもあります。タイプは大きいサイズと同じで3タイプあります。

「ランガンケース1010W」にワームを収納

「ランガンケース1010W-2」にジグヘッドをセット

■SPEC

サイズ 仕切り板 カラー メーカー販売価格
ランガンケース1010W 175×105×38mm 可変仕切板30枚付 ¥1,000
ランガンケース1010W-1 175×105×38mm 可変仕切板15枚付 ¥1,000
ランガンケース1010W-2 175×105×38mm ¥1,000

ちなみに、この「ランガンケース1010W」シリーズは、ライトゲーマーで愛用者も多い「ランガンシステムボックス(VS-7070、VS-7055、VW-2070、VW-2055)」シリーズの上段にシステム収納が可能!

ランガンシステムボックス「VS-7055」の上段に「ランガンケース1010W-2」をセット

スッキリすぎる!さすが、システム収納といった眺めです。

 

しかも、ライトゲーマーのストレスを少しでも解消して、効率的にランガンをしてもえる仕様がもう1点。

それは、「ワームスリップ加工」です。

ワームがフタにくっつかない!「ワームスリップ加工」

ワームチェンジをする時に、ケースからワームを取り出そうとしたら、ワームがフタにくっついてしまって、少しイラっときたことはありませんか?

小さなイラっなんですが、度重なると、やっぱり気になる。そんなストレスから解放されましょう!

「ランガンケース」シリーズの仕切りタイプは、フタの裏側にワームがくっつかないワームスリップを採用しているんです。

分かりますか?デコボコになっていて、ワームがくっつなかくなる仕組みになっています。

このフタが、「ランガンケース」シリーズの仕切り収納のフタに採用されています。

こういう配慮、うれしいですよね!

 

ということで、秋のライトゲームシーズン!涼しくなってきて、ランガンも苦にならないいい季節になってきましたし、「ランガンケース」シリーズをお供に、ぜひアジングやライトロックに出撃してくださいね!