ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【がんばらなくてもバイトが続く!】「エコギア熟成アクア」シリーズの、さらに釣れる使い分け法を紹介【アジング丸分かり講座】

アジング特集

アジングに最適な季節になってきました。

夏の間は豆アジがメインだったエリアでも、水温も少しずつ下がり、そろそろ秋らしいグッドサイズが釣れはじめたのではないでしょうか。

そんなアジングにおいて、人気&実績ともに高いのがエコギア熟成アクア 活アジシリーズのワームです。

なにせ、ワーム自体の素材に含まれる味と匂いと旨味で、必死にがんばらなくてもバイトを誘発してくれるんですから

その「エコギア熟成アクア 活アジ」シリーズには3種類のタイプのワームが出ているのですが、ここでは常日頃から「エコギア熟成アクア」を使い倒しているエコギア・プロスタッフの2人、三好仁数さんと吉田匡宏さんにその使い方、使い分けを聞いてみました。

「エコギア熟成アクア 活アジ」シリーズは、3モデルがラインナップされています。㊤から、「活アジストレート3.2インチ」、「活アジストレート2.3インチ」、「活アジコムシ1.7インチ」

「熟成アクア活アジ」シリーズを使い込むお二人、三好仁数さん㊨と吉田匡宏さん㊧に聞いてみました

熟成極めたアジング器量人・三好仁数さんの場合

三好さんは、まずは真ん中のサイズである「熟成アクア 活アジストレート2.3インチ」を投入するそう。

合わせるジグヘッドは、細軸で形状的にもワームが安定してスイミングさせやすいシラスヘッドファインで、0.9gを基準に装着。

そしてアジのサイズが小さく、フックアップしずらい時には熟成アクア コムシ1.7インチにチェンジ。

逆にエサであるベイトのサイズが大きい時にはワームもサイズアップさせて熟成アクア 活アジストレート3.2インチを投入するとのこと。

熟成アクアを極めた王道的なローテと言う印象ですね。

味と匂いが似合うライトゲーム界の快男子・吉田匡宏さんの場合

吉田さんの場合は、強気です。

いきなり最大モデルである「熟成アクア 活アジストレート3.2インチ」を投入するとのこと。

理由は、ワーム自体の大きさからくる波動の大きさや視覚的アピールで、近くにいるアジに気付かせ、味と匂いで食わせたいからとのこと。

合わせるジグヘッドは、「シラスヘッド」の1.3gを基準にローテ。

アピールを大きくして反応する個体を速やかに食わせる!男前な作戦のようです。

次に、「熟成アクア 活アジストレート3.2インチ」でバイトがあるものの、サイズが小さいなど、どうしてもフッキング率が悪い時は「熟成アクア 活アジストレート2.3インチ」を投入するとのこと。

熟成アクア 活アジストレート3.2インチ」で寄せたアジを釣り漏らさずに釣り切るイメージ。

そして豆アジが主体の時には「熟成アクア 活アジコムシ1.7インチ」を投入することもあるそうです。

と言うことで、「熟成アクア 活アジ」シリーズは、とにかくバイトが圧倒的に多いというのがお二人の共通認識です。

初場所でも、よく行く場所でも、アジのバイトを感じたいなら、まずは「熟成アクア 活アジ」をセレクトで間違いなさそうですね。

三好さんと吉田さんの最新アジング動画を配信中
知って得する「熟成アクア」の使い方も紹介されていますよ!