ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

関東メジャーリザーバー「亀山ダム」最新攻略法!イガジグチャターとイガラバのコンボ攻め

寄稿:五十嵐 誠

はじめに…
今回の台風15号の影響で僕の地元でもある千葉県も甚大な被害を受けました。
被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。1日も早い復興を願います。

 

こんにちは! ジャクソンプロスタッフの五十嵐誠です!

五十嵐 誠(Igarashi Makoto) プロフィール

五十嵐誠 makoto igarashi 1985年生まれ、落花生の名産地・千葉県八街市出身。 野尻湖、河口湖、桧原湖、亀山ダムでプロガイドとして活動中。 ちなみに… 昨年まで、長きにわたってJBトップ50メンバーとして大活躍。 今年は一旦、トップ50参戦を休止中。2019年より自身の新ブランド『FOLLOW』を展開

今回はこの夏にリリースされたイガラバ(ジャクソン)とイガジグチャター(ジャクソン)を使って亀山ダム(千葉県君津市)を攻略してきました!
フォワードブルーさんの大会に声かけてもらって参加してきたのでその時のお話です。

冬には亀山ダムでガイドもさせていただいてるんですがトーナメントでトレイルが多い夏のシーズンは暫く行けてなかった亀山ダム。

近頃よく聞く噂では亀山の夏はワカサギボイルが頻発する!との話だったので朝はフォロースティック(FOLLOW)のノーシンカーで!
ポロポロと釣れるものの何となくビシッとハマってる感じではなく魚探しの旅に出ることに…

 

急深バンク、インレット、サンドバー、岬まわり等をイガジグチャターで流しながら魚をキャッチ!

 

イガジグチャターはしっかりとした引き心地があるのでアクションの変化や何処にルアーが有るかが分かりやすくイメージ通りにルアーをアプローチしやすいです!

 

この前の霞ヶ浦のオカッパリ撮影でも思ったのですがブレードの位置が少し後ろに有ることでヘッドの先端が先にストラクチャーに当たり根掛かりを軽減してくれるのでストラクチャーに対してタイトにアプローチしても根掛かりの恐怖感が少ないのもイチオシポイントです!!

そしてイガジグチャターでバンクを流しながら気づいてしまったんです…!
岬まわりの3メートル~7メートル位にバスがウジャウジャ映っていることに!

 

フィーディングしているバスに激効きのスモラバ!

ボトムだけではなく中層、そしてそのエリアでたまに起こるボイルを見るにバスはおそらく表層からボトムまでベイトを追い回してフィーディングしている状況で選択したのはイガラバにフォロースティック(FOLLOW)のソルトイン。

 

もともと、イガラバは僕の冬の亀山ガイドでメインパターンになっていた『オープンウォーターをサーチベイト的に使うスモラバ』として作っていたスモラバなので、このような沖でフィーディングしている状況にマッチしてくれました!

表層付近にバスが多く映るときは着水後すぐにシェイクしながらフォールさせ、ボトム付近に多く映るときは1度ボトムまで沈めてから引いてくる。

この2つの使い方で連発!

久しぶりの亀山ダムを満喫できました♪

イガジグチャターもイガラバも、とても使いやすい使用感に仕上がってますんで是非1度だまされたと思って使ってみてください!

 

おすすめタックルデータ

イガジグチャターおすすめタックル

ロッド:ゼフィロスB66MH(【がまかつ】
リール:スコーピオンDC【シマノ】
ライン:FCスナイパー14lb【サンライン】
ルアー:イガジグチャター1/4oz【ジャクソン】+HPミノー3.7【O.S.P】

 

イガラバおすすめタックル

ロッド:ゼフィロスS61L【がまかつ】
リール:バンキッシュC2500HGS【シマノ】
ライン:FCスナイパー4.5lb【サンライン】
ルアー:イガラバ1/32~3/64oz【ジャクソン】+フォロースティック3.2(ソルトイン)【FOLLOW】

ジャクソン

1980年設立、静岡に自社工場を持つルアーメーカー。 ロングラン人気を誇るアスリートシリーズなどシーバスルアーをはじめ、サゴシ、チヌ、青物、ロックフィッシュ、アジ、メバルなどSW各ジャンルのルアーやロッドなどのアイテムを続々と発表。またソルトだけでなくまたバスやトラウトアイテムも豊富。 様々なルアーターゲットに向けたこだわりのルアー、タックルを輩出している。