ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【オカッパリ秋のデカバス爆釣2大パターン】モエビ&落ち鮎パターンを詳しく解説

寄稿:池田 和哉

池田 和哉(Kazuya Ikeda) プロフィール

愛媛県のオカッパリバス釣り場がホームグラウンド、特に河川のオカッパリが大好き! とにかく現場派!な若手アングラー!

皆さまこんにちは。愛媛県の池田和哉です!
秋に入って朝夕は過ごしやすい気候になってきましたが、日中はまだ暑い日も続いていますね。
体調管理には十分気をつけて釣りを楽しんでくださいね。

 

秋のリザーバーはモエビと鮎がキー

さて、水の中はもう秋! ブラックバスはすでに、秋を強く意識した動きをするようになってきています。
そんな秋のホームレイク、野村ダム(愛媛県)のメインベイトとルアーチョイスについて、ご紹介したいと思います。

この時期、野村ダムのメインベイトとなるのは、ずばりモエビと落ち鮎!
秋だけがメインになるベイトではないのですが、
今の時期にバスがあえてこの2つのベイトを意識しているのは、この時期に食べやすいベイトだからなんです。

 

秋のモエビパターン

では、モエビパターンについて。

春から夏にかけて卵から孵ったモエビは、9月になると食べやすい2~3cmサイズまで成長。
川辺の石をめくってみればすぐ見つけられるほど、大量に生息しています。

 

脱皮後のぬけ殻も大量に落ちていました!

 

秋が深まっていくとさらに成長し、体調5センチ程度まで大きくなります。

隠れているエビを捕食するのは難しいんですが、一度岩から離れてしまうとバスはそれらを簡単に捕食できるため、この時期は特にモエビを偏食している個体は多いんじゃないかと考えています。

そんなエビがメインベイトのバスを狙うには、ボトルシュリンプのフリーリグがオススメです!

メガバス公式ボトルシュリンプ詳細ページはこちら

 

フリーリグ用の7gのシンカーを使い、岩や木の枝に引っ掛けて、ロッド操作でやさしく煽って外して…の繰り返し。
外れた時の素早いアクションとシンカーとワームのフォールスピードの差で、バスが接近してびっくりして岩や木から離れ、捕食しやすい状態のエビを演出するイメージです。

狙うポイントは、流れのインサイドやワンド内など、流れが緩くエビが留まりやすい場所。
岩やウィード、落ち葉など身を隠せるものがあるものが絡むと、さらに良い感じですね!

ロッドはレヴァンテF5-611LVを使用。

レバンテシリーズの中でもボトム感知能力に優れ、テキサスやフリーリグを扱うのにピッタリのロッドです。
他にもスイムジグやスピナーベイトなど、これからの季節に活躍するルアーを幅ひろく快適に扱えるので、秋のオカッパリでは手放せない番手です。

 

 

1 / 2
次へ