ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

秋の行楽にぴったり!リザーバー&琵琶湖のボートフィッシング最新釣果情報【FieldNavi調べ】

三連休が連続の9月!日中は以前と比べると過ごしやくなってきて、釣りが楽しいシーズンです。

各フィールドも水温が下がりつつあるので、ターゲットの活性も上々!

行楽やレジャーとして釣りに出かけるのにももってこいの季節ですよね。

そんなベストシーズンの秋、ルアーニュースRの情報配信サイト「FieldNavi」調べ、バスフィッシング情報をお届けします!

Field Navi

https://www.lurenewsr.com/field/

まずはデカバス乱舞中の池原&七色ダム!モンスターもあがっていますよ!

ビッグベイト祭さながらの池原ダムと七色ダム。

こうも毎週デカバスがビッグベイトであがっていると、気になって仕方ありません。

で、ヒットルアーをちょっと調べてみました~。

ハドルトラウト8インチ

出典:フィッシュアロー公式ブログ

2000年代前半、ビッグベイトブームの立役者といっても過言でない、ハドルトラウトシリーズ。

ハドルテールと呼ばれる独特のテールが、リアルな魚の動きを表現。見た目もまんまですよね。

バラム300

出典:マドネスジャパン

ご存知、サタン島田さんが監修したビッグベイト。全長300mmのジャイアントベイトクラスですが、多彩なアクションで、発売以来、多くのでデカバスを魅了し続けています。ちなみにバラム300は菊元俊文さんスペシャルカラーのエバーグリーンバージョンもあります。

出典:エバーグリーン

他にも、デプスさんのスライドスイマーシリーズや、クローラー系になりますが、イマカツさんのアベンタクローラーなども、ヒットルアーとしてよく出てきていました。

そして、こちらはビッグベイトではないですが、デプスさんのバルキーワームでの釣果も目立っています!

リバウンドスティック

5、6、7インチのラインナップがあります。

琵琶湖プロガイドの冨本タケルさん考案のワームですが、圧倒的存在感のあるバルキーボディの波動が、デカバスに効きマクりなんでしょうか。

と、気になったヒットルアーはこんな感じです。

もちろんこのルアー以外にも、いろんなルアーで釣れていますので、FieldNaviの情報を参考に、秋のバスフィッシングを楽しんでください!

続いて、釣果情報にいきましょう!

まずは、吉野郡上北山村古代のY企画さんから。

9月20日倉岡氏がハドルトラウト8インチで65.5cm・3470gゲット!

9月15日鍬初氏が60.5cm・3330gをブルフラットでキャッチ!

Y企画さんの2019年40尾目のロクマルだそうです、おめでとうございます!

続いて、吉野郡下北山村上池原の池原ドリームさん。

9月13日東氏が本流で58cm・3340gと55cm・2380gをバラム300とリバウンドスティック7インチでゲット!

9月15日仲村氏が坂本筋で55.5cm・2540gをスライドスイマー175でキャッチ!

お次は七色ダム。吉野郡下北山村下桑原小口のTs-ONさんの釣果です。

9月11日加藤氏が小口橋周辺で51cmをSKポップでキャッチ!

9月16日松原氏がTs-ON対岸と西ノ川で61cm・2735gと43cmをバラム300とセパル9でキャッチ!

ロクマルのサイズがスキニーになっていますが、これからは秋の荒食いシーズン!

コンディションのいい個体が食ってきてくれるでしょう!

次ページでは最新琵琶湖情報を公開!
1 / 2
次へ