ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【琵琶湖最新トレンド】「ワカサギ」パターンに簡単にハマるルアー&テクニックを紹介!

寄稿:薮田和幸

みなさん、こんにちは! 琵琶湖プロガイドの薮田和幸です。

薮田 和幸 (Kazuyuki Yabuta ) プロフィール

ミックバスクラブ所属の琵琶湖プロフェッショナルフィッシングガイド。imakatsu プロスタッフ。 パワーフィッシングをメインに琵琶湖でのバス釣りを楽しみ尽くすスタイル。山形県出身。O型。

暑さもひと段落し、夏の終わりを感じる今日この頃。

琵琶湖は、突如!?大発生した「ワカサギ」によってワカサギパターン、真っ盛りとなっております。

ちなみに先日行われた琵琶湖「ミックバスクラブ」のオーナーズトーナメントに参加したのですが、「ブータスライダー」と「レーシングワカサギ」を使ったヤブタ式ワカサギパターンで5尾9400gをキャッチし、ブッチギリ優勝できました。

と言う訳で今回は、連日のフィッシングガイドでもボッコボコな「ワカサギ」パターンをご紹介します。

使用するルアーは、「ブータスライダー」、「レーシングワカサギ」、「フラッシュニードルシャッドの三種の神器。

ブータスライダー7インチ

まずは釣れたらビッグサイズ確定の「ブータスライダー7インチ」

使い方は、ワカサギの群れの中でバシバシジャーク

ワカサギのレンジに合わせ水面直下はモチロン、場合によっては4mまで沈めてからレンジを上げていきながらバシバシします。

スイッチを入れることができればビッグサイズがズギューンとバイトしてきます。

ルアーニュースTVで公開となったブータスライダー動画のラストフラッシュが、まさにそれ!

是非、ご覧ください。

レーシングワカサギ

2つめのルアーはレーシングワカサギ

かなり前から発売されているルアーですが、その実力はヤバいです。

ワカサギと比較してみると恐ろしいほどに瓜二つ!

使い方は、ワカサギがピチャピチャ浮いているエリアで水面直下をゆっくりタダ巻き

キモはラインに「ソラローム・ルアーPE0.6号を使うこと。

これにより、より遠くに飛ばし、フッキング率を上げることができます。

ちなみにリーダーには「バウオ・エクスレッド12lb」を使っています。

ガイドのゲスト様が「レーシングワカサギ」でキャッチしたナイスバス。クオリティが半端ないです

フラッシュニードルシャッド

3つめのルアーは「フラッシュニードルシャッドです。

使い方は1.8g前後のジグヘッドでミドスト的にキラキラと泳がせるのと、ボトムでのシェイクで狙います。

先日は女性ゲスト様にもロクマルが降臨しました。

モチロン、ファイトは強烈なので、細過ぎるラインは絶対NGです。

安心と信頼の「バウオ・エクスレッド5lb」がオススメです。

イマカツの中でもロングセラーの「フラッシュニードルシャッド」、説明不要の激釣れワームですね。

キラキラフラッシングプレイは琵琶湖のバスもガマンできない様です。

ここ2、3年で激変を続ける琵琶湖、「琵琶湖だから」と言う固定概念を一度捨て、状況に合わせて柔軟に釣っていくことが大事だと、しみじみ思う今日この頃です。

いつまで続くのか分からない琵琶湖の「ワカサギパターン」、体感するなら今がチャンスです。

ゼヒ、ヤブタ式ワカサギパターンをお試しください。