ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ガイド前田のデカバス大追跡「オタマデラックス攻略のキーは“ベイト”」

連載:ガイド前田「琵琶湖デカバス大追跡」

前田純(ガイド前田)(Maeda Jun) プロフィール

ボートハウスラッシュをベースとしてマザーレイクでドデスカンサイズを追い求める、ガイド前田の愛称で親しまれる超ベテランガイド。スポンサーはデプス、ダイワ、次元、ハヤブサ、レインズ、ホンデックス、ボートハウスラッシュ、フィッシングマンボウなど。愛知出身・滋賀在住。

ガイド前田のデカバス大追跡「オタマデラックス攻略のキーは“ベイト”」

みなさんどーも、ガイド前田です。ビシバシ釣っちゃってますか?


残暑が厳しいですが秋の気配も漂う琵琶湖。暑いのでゲリラ雷雨も頻発しております。ゲリラ雷雨もそうですが、これからの季節は荒れる日も多くなるので、早め早めの行動を心掛けるようにしましょう。

秋らしくなって来たとはいえキビしい釣果なのには変わりなく、簡単には釣れない状況が続いております。
私のガイドでは、懲りずに北湖でスライドスイマー250サカマタシャッド8インチ、グルカナイフスティーズスプーンヘッドロックジグキンクー13インチ等でオタマデラックスを狙う日々が続いておりますが、苦戦に苦戦を強いられております。

北湖中、いたるところで小魚の群れを確認できます。ストラクチャーというストラクチャーのほとんどにものすごい数の小魚の群れ。水深やレンジ、ボトムマテリアルによって魚の種類も違うのですが、圧倒的にウグイの稚魚が多く、いたるところで大量に確認できます。

 

しかし、このウグイ、バスとリンクしていることはほとんどなく、ベイトフィッシュの群れが居るからと惑わされてしまわないようにしないといけません。一方、ホンモロコやスゴモロコ、ハスの場合はチャンスです!

ホンモロコやスゴモロコが多い場合にはデスアダースティックのヘビキャロやヘッドロックジグで狙うことが多く、ハスが多い場合にはスラスイ250グルカナイフスティーズスプーン等で狙っていますが、サカマタシャッドのヘビキャロが良かったりキンクー13インチへの良かったりするので、その辺は臨機応変に対応していく感じです。

なかなか簡単には釣れない琵琶湖ですが、今日もオタマデラックスを求めて狙ってきます!

では!