ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【実はどんな状況にも万能】テキサスリグの様々な使い方を紹介!

寄稿:富村 貴明

富村 貴明(Takaaki Tomimura) プロフィール

富村貴明(とみむらたかあき)ホームレイクは霞ヶ浦水系であり、1996年よりJB・NBCトーナメントに参戦中である。最近では、霞ヶ浦水系の代表的トーナメントWBSプロチームトーナメントにも参戦し、得意なスタイルはシャローゲームをメインにした釣り方であり、ハマった時に他を圧倒する程の腕前。

霞ヶ浦水系をホームとしている富村貴明です。

ソフトベイトのリグとして時期やフィールドを問わずどんな場面でも万能で活躍してくれるのがテキサスリグです。

今回は、そんなテキサスリグを使うシチュエーションであったり、使い方などについて話していきます!

 

 

テキサスリグの万能性について

バスフィッシングをやり始めて最初に覚えることはテキサスリグが当たり前? な世代の私ですが、最近の入門者はネコリグやダウンショットから始めるという方々が多いようです。

「テキサスリグ?釣れます??」なんて言われる事もしばしばあります。

確かにネコリグもダウンショットも良く釣れますが、テキサスリグを習得する事でもっと釣り方の幅が広がり、たくさんのバスと出会えるようになるはずです。

 

スナッグレスネコリグでは打ち抜けないカバーもあり、ダウンショットでは攻めきれないボトム感知能力がテキサスリグにはあります。

テキサスリグは、使用用途やカバーの密度で「シンカーの重さ」「フックの形や大きさ」そして「ラインの太さ」を設定します。

 

3種のテキサスリグの使い分けについて

具体的に説明すると、

①中層のスイミングやスローフォールで使用するライトテキサスリグ(シンカー3.5g前後・ラインはフロロカーボン8~12LB)

②様々なワームに合いどの場面でも使えて根掛りし辛い通常のテキサスリグ(シンカー5gから10g前後・ラインはフロロカーボン12~16LB)

③ヘビーカバーを打抜き、ピックアップも快適なヘビーテキサスリグ(14g以上・ラインはフロロカーボン16LB以上)

と、私的にはおおよそ3つに分けております。

霞ヶ浦水系のカバーなら②の「通常のテキサスリグ」でほとんど攻略できます。

 

ドック周りやミオ筋のハードボトムや捨て石、オダや沈船の沈み物までキッチリと底を感じながら攻めることが出来ます。

特に冬場の低水温期は思った以上の密集した沈み物の奥に潜んでいる場合が多く、目の前までルアーを送り込むのにテキサスリグは非常に適しています。

そして、これからの初秋~初冬時期に効果的なのが①の「ライトテキサスリグ」です。

 

ライトテキサスの2種類の使い分け

「ライトテキサスリグ」には、おススメする使用パターンが2つあります。

 

1つ目

シャッドテールやカーリーテールワームを中層やボトムスレスレで泳がせるスイミングです。

その時に私が使用するルアーはドライブシャッド(3.5in・4in)です。

出典:OSP公式「ドライブシャッド」詳細ページ

シンカーは1.8g~3.5gを場所や反応する水深に応じて使用します。

ラインに関しては シューター・FC スナイパー BMS AZAYAKAの8Lbか10LBです。

 

サンライン公式「シューター・FC スナイパー BMS AZAYAKA」詳細ページはこちら

 

 

バイトマーカーシステムのカラーで、巻きスピードやルアーのトレースコースを把握することが出来ます。

具体的に「ライトテキサス」で狙う場所は、石積離岸堤やテトラ帯や最近良く見かける黒い巾着に石の入ったもの周辺です。

とにかく風が当ると小魚が打ち寄せられたり、餌を探しに来たりする所をクランクやスピナーベイトのようにひたすら巻きます。

 

2つ目

スパイラルフォールを得意とする偏平フラット系ワームをセットして使う方法です。

こちらはドライブSSギルが非常に効果的です。

OSP公式「ドライブSSギル」詳細ページはこちら

 

シンカーは3.5g~5gまでの間で、必ずシンカーストッパー等で固定して使用します。

杭や縦のストラクチャーのシェードを狙うのに最適で、フォール時のイレギュラーなアクションで食わせるのですが、こちらも使用しているラインはシューター・FC スナイパー BMS AZAYAKAの12Lbか14LBです。

SSギルの不規則なスパイラルフォールやフォール中のバイトが非常に多いです。

 

秋とは言え、まだ巻物に反応しない気候や時期にはこの2つのテキサスリグはおススメです。

テキサスリグをマスターして、さらにたくさんのバスをキャッチしてください!

サンライン(SUNLINE)

1977年設立、山口県岩国市を拠点とするラインメーカー。 独自技術の開発力が高いだけでなく、大手材料メーカーや大学研究機関との連携・共同研究 により、最新テクノロジーを駆使したライン開発も進めている。また各分野に約400人強のフィールドテスターがおり、現場からのフィードバックも豊富。 最新テクノロジーが導入されたあらゆるジャンル(バス、ソルト、トラウト、鮎、へらぶな、渓流など)のラインを続々と輩出中!

シューター(Shooter)

シューターはサンラインのバスフィッシング専用ラインブランド。フロロカーボンライン「FCスナイパー』シリーズや、ナイロンラインの「デファイアー」シリーズやマシンガンキャスト、そしてPEラインのステューターなどが特に人気を集めている。