ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

チヌトップゲーム釣果倍増講座!ポッパーで釣るためのノウハウ集

寄稿:門永晴記

門永 晴記(Haruki Monnaga) プロフィール

メガバスプロスタッフとして10年以上のキャリアを持つ瀬戸内ソルトゲームのリアルアングラー。しまなみ海道をホームグランドとし四季折々の魚を追い続ける。広島県尾道市在住。お祭り大好き43歳。

 

こんにちは!門永晴記です!

朝・晩は少し涼しくなったり、日が短くなったり…秋を近くに感じる9月!

クロダイのトップウォーターゲームといえば、真夏の釣りのイメージが強いと思うんですが、実は、9月からの秋口が一番反応が良い地域もあるんですよね!

クロダイの強い引きが最高潮になるこの季節こそ、近場のフィールドで簡単に楽しめるチヌトップゲームがとてもオススメなんです。

 

 

 

多くのバイトを得るにはローテーションがキモ!

さて、チヌトップといえば小型の「ポッパー」を使用するゲームを連想されるのではないでしょうか。

もちろん、ペンシルベイトやスイッシャーもよく釣れるルアーなんですが、まずは基本としてこのポッパーを使いこなすことがチヌトップを楽しむための近道になると思います!

ひとくくりに「ポッパー」といっても、ポップ音やスプラッシュでアピールする事が得意なもの、ペンシルベイトさながらのドッグウォークが得意なもの、など特徴はさまざま。

クロダイ専用のポッパーにおいても、シチュエーションに応じての使い分けが必要なのは間違いなく、そのローテーションで釣果は劇的に変わってくると思います!

 

メガバスには「ポッピングダック」と「SwingHot 水砲」の2種類のクロダイ用ポッパーがあります!

パッと見ではその違いは分かりにくいかもしれないですが、実は全く異なる性格を持ったポッパー!
フィールドの特徴や魚の状況に合わせて2つのポッパーを上手に使い分けてやることで、より多くのバイトを得ることができると思います!

 

 

ポッピングダック【メガバス】

ポッピングダックは、首を振らずに直進させるアクションでしっかりとしたポッピング音とバブル&スプラッシュが得意!
チヌトップゲームの基準となるタイプのポッパーです!

アピール力が強く、集魚力の高いこのポッパーは少し水深があるポイントやサーフなどで散った魚を探していく場合などに有効です!

 

僕の場合は、クロダイが着いているであろうストラクチャーから少しだけ離れた場所へポッピングダックを入れてやり、アクションとポーズ(静と動)にメリハリをつけ、ストップ&ゴーで焦らすように誘っていく使い方でよく使っています!

ここでのキモは、直接ポイントにルアーを入れるのではなく「少し離れた場所」に入れてやること(直接入れるとプレッシャーをかけてしまう)。

シチュエーションにもよりますが、活性の高いクロダイはポッピングダックの強いアピール力に引き寄せられるようにルアーに近づいてきます!

いろいろ試してみた結果、「3回ポッピング後の2秒ポーズ」が個人的には一番反応がよく、3回のポッピングも「ボコッ!ポコ・ポコ」と1回目を強く、2回目3回目を軽めに連続させる感じを
ワンセットにして、その後ポーズを入れます!

実際よく出るオススメのアクションの付け方なので、これを基本にいろいろと試してもらってその日のパターンを探してみてもらえたらと思います!

出典:YouTube Megabass Channel

 

 

SwingHot 水砲【メガバス】

こちらのポッパーはポッピングダックとは対照的。
連続的な首振りから生まれるナチュラルな音や波紋が強烈に魚にアピールするポッパーペンシルです!

この水砲の首振りアクション(スイングアクション)は驚くほどロッドアクションに反応が良く、非常にクイックかつレスポンスの良いアクションを誰でも簡単に演出することができるルアーです。

ペンシルベイトの要領で広範囲をチェックしながらも、シチュエーションによって移動距離を抑えたピンポイントでのネチネチテーブルターンも得意!

一般的なトップウォータープラグはアクションを付けて手前に寄せてくると、ラインに角度がつきすぎて、ラインスラックが操りにくくなり、徐々に動きが悪くなっていって、足元にくる頃にはあまりアピールできていませんよね。

でも、この「水泡」の素晴らしいところは、足場の高い場所からロッドを立てた状態でのアクションにもフレキシブルに反応し、そのままのラインの角度を維持したまま、足元までしっかりと首を振り続けてくれること!

これは地味に凄いことで、足元までアクションしつづける特徴を活かして、見えチヌのサイトフィッシングにもとても有効なんです!

ここまで繊細に扱えるクロダイ用ポッパーは正直今まで無かったので、魚との間合いが近くプレッシャーの高い、クリークや小規模河川でもかなり役立ってくれると思います!!

 

 

1 / 2
次へ