ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

太刀魚&青物ゲームの秘密兵器!ダニエルヘッドロックのツインフックチューン

寄稿:井熊 亮

井熊 亮「駿河の黒豹」( Ryo Ikuma ) プロフィール

Jackson誕生と同じ1980年生まれ。幼少期から学生時代はバスフィッシングに明け暮れ、社会人になりソルトルアーの道へ。関西在住時にはシーバスメインで釣行を重ね現在、Jackson Salt Water Pro Staff 「駿河の黒豹」として静岡にて活動中。

 

Jackson Salt Water Pro Staff 駿河の黒豹こと井熊です!
今回は「ダニエルヘッドロック」で太刀魚や青物を狙って参りました!

 

出典:YouTubeチャンネル「studio jackson」

 

 

ダニエルヘッドロックで太刀魚!、青物狙い!

この「ダニエルヘッドロック」、元はロックフィッシュをターゲットに開発されたルアーとなっています。

ですが、ヘッド部分が「飛び過ぎダニエル」のようにブリブリ良く泳ぎ、オマケに飛距離は文句のつけようのない飛距離、これはもうロックフィッシュだけのルアーでは勿体ない!と思い簡単なフックチューンを施しキャストしてきました!

 

 

ルアーをキャストしてきたポイントは水深もあり、潮通しの良い三保サーフ(静岡市)。
この場所は青物の回遊や太刀魚が良く釣れる場所です。

三保サーフですが、岸から約25m程先でグン!と落ち込むブレイクがありその辺りから回遊魚が良く釣れます。防波堤などと近い条件なので何処の釣り場でも通用する釣り方だと思います。

 

フックは「ツインRB-H」をフックポイントが上向きになるようにセットしました!

さて、フックチューンですが、がまかつさんより発売されている「ツインRB-H」を使用しました。
この場所は手前のブレイクで根掛かり頻発する場所の為、フックの向きは場所を考慮し上向きにフックポイントが向くように取り付けました。

魚の掛かりを考えるとフックポイントを下向きにする方が断然フッキングが決まりました。なので根掛かりが少ないポイントや魚が浮いている場所などではフックポイントは下向きでお使いください。

 

 

ツインフックシステムって?

シングルフック2つをチューブで束ねた構造

1本1本の針が自由に動けることで、魚が暴れてもフッキングポイントに掛かる負荷が緩和され、魚の身が切れにくくなるんです。

さらにニ次フッキングが少ないので、魚への余計なダメージが軽減されます!

 

 

ルアーの操作方法は基本は「ただ巻き」、渋い状況の時は「ストップ&ゴー」

ルアーの操作方法ですが、キャスト着水後カウントをして沈めてから「ただ巻く」だけでOK!

この「ただ巻く」だけですが、手元にルアーがブルブル泳いでいる感覚が手元に伝わり始めるスピードで巻くのがポイントです。

イメージとしてはゆっくり巻きで十分にブルブル泳いでいるのでブルブルしていれば確実に釣れます。
ただ巻きに反応が鈍い時は「ストップ&ゴー」を取り入れてみてください。

太刀魚はフォールに反応がとても良い魚なので居れば食ってきます。ただしストップ&ゴーのストップした時はラインを緩めないで確実にテンションフォールになるようにしてください。

フリーフォールに近い状態だとラインスラッグに嚙みつかれてライン切れをしてしまいます。

 

ヒットしてからファイト時の注意点

太刀魚がヒットしてからのファイトの注意点ですが、どのルアーを使っていても共通で言える事は「テンションを緩めない」。
太刀魚はヒットしてからファイト中に食い上げてくる事があります。食い上げてきている時はとても軽くバレたかな?と感じる事も多くあります。なのでファイト中は気を抜かずにラインテンションには気をつけるファイトを心掛けてください。

 

朝マヅメにダニエルロックヘッドフックチューンで良型ソウダガツオがヒット!

この日は明るくなってから少し場所を移動し大浜といわれるサーフへ入りました。三保サーフからの帰り際、沖合にとてつもなく大きなイワシボールが確認でき、即座にサーフに入りました。

手前では小さくなったイワシボールが騒がしくなっており、そこに「ダニエルヘッドロック」を投げ入れファーストリトリーブで巻いてくると「ゴゴッ!!!」っと明確なバイトがあり横に走りだしました。青物特有の走りで上がってきたのは今年初の40cm程のソウダガツオ!!!

青物にも有効なルアーだと実感できました。

良く飛び良く泳ぎ良く釣れる・・・

飛び過ぎダニエルシリーズの新たな刺客は少しのチューンでオールマイティーに魚種を狙えるルアーです。

是非皆さんも楽で楽しい釣りを体験してください。

 

サーフオススメタックル

ロッド:Jacksonサーフトライブ 1082MLプロトロッド(秋発売予定)

リール:シマノ 14ステラ3000HG

ライン:VARIVAS シーバスPEスーパーセンシティブLS8フルキャスト1号

リーダー:VARIVAS ショックリーダー[フロロ]20LB

使用ルアー:ダニエルヘッドロック28・35・42g

フック:がまかつツインRB-H

ジャクソン

1980年設立、静岡に自社工場を持つルアーメーカー。 ロングラン人気を誇るアスリートシリーズなどシーバスルアーをはじめ、サゴシ、チヌ、青物、ロックフィッシュ、アジ、メバルなどSW各ジャンルのルアーやロッドなどのアイテムを続々と発表。またソルトだけでなくまたバスやトラウトアイテムも豊富。 様々なルアーターゲットに向けたこだわりのルアー、タックルを輩出している。