ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【コスパが超イイ!】タチウオジギングのエントリーに最適なロッド&リールを紹介

タチウオ特集

タチウオをボートからジギングで狙う「タチウオジギング(略してタチジギ)」が、全国的に盛り上がりマクっています。

「やってみたい!」と言うアングラーは多いですが、でも「ロッドは何を使えばいいの?リールはどうすればいいの?」という疑問を抱いているアングラーも多いでしょう。

と言うことで、ここではタチウオジギングを初めてみたいというアングラーにオススメのタックルを紹介したいと思います。

扱いやすい!価格もお値打ち!高コスパなロッド&リールは?

いきなり本題ですが、オススメタックルは、ロッドが「鏡牙x63B-2」、リールが「LIGHT SW X IC」です。

では、それぞれの特長等を紹介しましょう。

まずはロッド、「鏡牙X」は、鏡牙シリーズのエントリーシリーズ。

持った感じがかなり軽く、シャクりやすいのが特長。

特にタチウオジギングで多用するワンピッチジャークがやりやすいロッドになっています。

また、センターカットの2ピースモデルなので、持ち運びや収納がラクラク。

シリーズ中でも「63B-2」は、浅場から水深150m程度までストレスなく使えるため、タチウオジギングにおけるオールマイティロッドと言っても過言ではありません。

アイテム 全長(m) 継数 仕舞
(cm)
標準
自重
(g)
先径/元径
(mm)
ルアー重量
(g)
適合ライン
PE
(号)
カーボン
含有率
(%)
希望
本体価格(円)
63B-2 1.91 2 100 105 1.4/8.9 60-180 0.6-1.2 69 14,200

次にリール、「LIGHT SW X IC」は、ソルトウォーター用軽量ベイトリールのコスパモデルで、なんとICカウンターを装備しています。

つまりラインの放出量が分かるので、水深やアタリレンジも丸分かり!

糸巻き量は、PE0.8号が300mとタチウオジギングには十分なラインキャパシティとなっています。

シャクっても負荷が掛かりにくいスーパーメタルフレームを採用しているのも嬉しいですね。

品名 巻取り長
(cm/ハンドル1回転)
ギア比 自重
(g)
最大ドラグ力
(kg)
ハンドルタイプ/長さ 標準巻糸量:PE(号-m) スプール径
(mm)
ベアリング
(ボール/ローラー)
希望本体
価格
LIGHT SW X IC/ L 69 6.3 240 5.0 ダブル/100mm 1号-200m0.8号-300m 35 5/1 15,000

竹内麻純さんによる実釣インプレッション!

先日、スーパーフレッシュアングラーの竹内麻純さんが、大阪湾で人生初のタチウオジギングにチャレンジする動画を収録したのですが、その時に使用していたタックルが、「鏡牙x63B-2」、リールが「LIGHT SW X IC」でした。

初めのタチウオジギングでしたが、ロッドもリールもかなり扱いやすかったです。
印象的なのは、2ピースで持ち運びがラクだったこと。
そして、ロッドもリールもチラっと黒と紫色が入っているのも気に入ってます。

「鏡牙X63B-2」+「LIGHT SW X IC」+「鏡牙ジグ ベーシック」を使って、初タチジギでグッドサイズをキャッチ!

お手軽にワンピッチジャークでグッドサイズのタチウオもなんなくキャッチ!

竹内麻純さんのタチジギ初チャレンジ動画を公開中!
タチウオジギングエントリーに役立つネタも満載です。