ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

秋のバス釣りに超有効!オカッパリ・チャターベイト攻めのススメ

寄稿:横川 隼大

横川 隼大(HAYATA YOKOKAWA ) プロフィール

JBスーパーバスクラシックを史上最年少で優勝(2009年)。趣味: ルアーいじり。1989年生まれ、埼玉出身、静岡在住

新世代チャターベイト イガジグチャターの紹介

こんにちは横川隼大です!
今回は9月の霞ケ浦水系のオカッパリ攻略法をご紹介します!!

 

9月に入って空気感が真夏からガラッと変わり秋っぽくなってきました。また朝、昼、晩の境目がしっかりしてきて水温も1日の中で変化が出始めてきました。

 

もう少し季節感について詳しく説明すると…。

8月までは朝から晩まで暑いし、水温もあまり変化がないので魚のスイッチが入りにくい状態。もちろん朝や夕方のフィーディングタイムはありあすが、その時間が短い傾向にあります。

それに比べ9月は気温や水温の変化がしっかりありフィーディングタイムも長くなります。さらに魚のやる気モードのONとOFFがしっかりしているので攻略しやすくなります。

この季節的な変化をふまえ具体的な攻略方法をご紹介します。

 

秋初期は限定したエリアのみで巻くのが有効

秋は1年の中で最もマキモノが有効になります。
それは「安定した快適な水温」「豊富なベイトフィッシュ」といった要素からバスが活発に活動し「広範囲で捕食」するからです。
なので広範囲をスピーディーに探ることの出来るマキモノが有効。

でも正直なところ、9月はまだまだ夏をひきずった状態。
「安定した快適な水温」=「12℃~20℃前後」なので9月は少し水温が高い…。

ですがそれを逆手にとることで誰よりも早く秋を先取り出来ます。

それは限定したエリアのみ巻くこと!!

例えば護岸を攻める時にシェード側のみ、流れが当たっている側のみ、風が当たっている側のみなど。とにかく広いフィールドからキーワードを探し限定すること。

そうする事で効率良く「アタリのエリア」をいち早く探すことができます!

 

ちなみに「アタリのエリア」はバスにとって過ごしやすいエリア!
人間でいうとエアコンの効いた涼しい部屋って感じです。

極端な言い方だと、10月になるとフィールド全体にエアコンがいきわたり、ドコでも過ごしやすい状態。
9月はエアコンの涼しい風の当たる過ごしやすい場所にバスが集まりやすいのです。

 

チャターが最強?

さて、ルアーについて巻き物がイイといいましたが、巻き物といってもスピナーベイト、クランクベイトと様々なルアーが存在します。そんな中で自分はチャターをオススメします!!

理由は簡単「多くの要素を兼ね備えている万能ルアー」だからです。

例えばスピナーベイトのフラッシングやクランクベイトの波動など様々な武器を搭載。

なのでフィールド状況にも柔軟に対応できサーチベイトとして群を抜いています。
が、しかし欠点も存在します。フックがむき出しなので根掛かりが多発…。ブレードが水流を受けて巻いているうちに浮き上がってしまうなどです。

 

新世代チャターベイト イガジグチャター!!

そんな問題を解決したチャターが登場しているんです。それは五十嵐誠プロデュース「イガジグチャター」!

ウエイトバリエ=1/4oz 3/8oz 1/2oz

 

 

イガジグチャターの特徴は⁉

特徴1)特殊なヘッド形状
イガジグチャターの大きな特徴としては特殊なヘッド形状をしていることが挙げられます!
この形状の利点を挙げてみると…?

・水流を強く受けルアーの引き心地を増幅させる

・ヘッドの先端部分が障害物にファーストコンタクトするので根がかりを大幅に軽減

・ヘッド形状とメインブレードのバランスが絶妙で着水後すぐに泳ぎ始める

 

特徴2)アシストブレード

もう1つ特徴的なのがアシストブレードが配置されていること!それによる利点は…?

・チャターで盲点だったルアーよりしたのレンジへのアピールが可能

・ランダムに動くのでバスにスイッチを入れることが出来る

 

以上のようにチャターの欠点を克服し、さらに盲点だったレンジへのアピールを可能にしてくれたのがイガジグチャターなんです。

 

 

 

「まとめ」

これから12月頃まで有効なマキモノの釣りを是非是非、楽しんで下さい。
そして困ったら「イガジグチャター」を投げてみて下さい! すぐにバスから答えが返ってきます☆

 

「イガジグチャター」使用タックルはこちら

ロッド:ブラストビーツBBC-610M【ジャクソン】

リール:メタニウムMGL【シマノ】

ライン:ノガレス・デッド オア アライブ 12~14Lb

 

ジャクソン

1980年設立、静岡に自社工場を持つルアーメーカー。 ロングラン人気を誇るアスリートシリーズなどシーバスルアーをはじめ、サゴシ、チヌ、青物、ロックフィッシュ、アジ、メバルなどSW各ジャンルのルアーやロッドなどのアイテムを続々と発表。またソルトだけでなくまたバスやトラウトアイテムも豊富。 様々なルアーターゲットに向けたこだわりのルアー、タックルを輩出している。