ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

山田ヒロヒト&たまちゃんの最新イカメタルゲーム

シーズン真っ盛りなのがイカメタル!!!

というわけで、今回は実釣役に、あの山田ヒロヒトさんと「たまちゃん」こと、野村珠弥さんを迎えて、九州・玄界灘のイカメタルロケにいってきたので、その模様をレポートさせていただきます!

実釣役のお二人はテンションあげあげ状態!

 

山田ヒロヒト (hirohito yamada) プロフィール

バックドリフト、ノーテンションソフトフォールなど、新たなエギングの扉を開き続けるエギンガー。2016年年末に、それまで23年勤めた会社を退社、2017年よりフルタイムのプロアングラーとしての活動を開始。これまで通りエギング関連アイテムの開発を続けるほか、イカ係長とフィッシングブランド「NUTS & VOLTZ」を立ち上げるなど、活躍の場を広げている。なおアオリイカの自己記録は屋久島ロケ中に捕獲した4280g。1968 年7月生まれ、大阪府出身、奈良県在住。趣味はスノボと一眼レフカメラ撮影。

野村 珠弥 たまちゃん(Tamami Nomura) プロフィール

通称たまちゃん。山田ヒロヒトをエギングの師匠としてメキメキを腕を上げ、そのテクや経験値は著名エギンガーからも一目置かれる存在になっている。今では師匠同行の釣りで師匠の釣果を上回ることも度々! ほがらかな性格も人気で様々なDVDや媒体でエギングの楽しさを伝え続けている。奈良県出身

 

 

さて、向かぅたロケ地は九州のイカメタルの聖地ともいえる福岡県・玄界灘!

山田さんと、たまちゃんと合流して、お世話になる遊漁船・海龍丸<かいりゅうまる>さんの乗船場のある柏原漁港(福岡県遠賀郡芦屋町山鹿)を目指します!

道中、美味しいケンサキの大漁に備えて、氷を仕入れに寄り道!

寄り道したのは、港の製氷所!

実は全国各地の港では漁協の組合員の漁師さん向けに製氷所がある場合が多いんです。ただその氷は組合員さん用なので、一般の人は手に入れることができない場合も多いんですが、港によっては、組合員以外の人でも氷を購入できるトコロもあったりするんです(利用は組合員さん優先・ちなみに氷の価格は10キロ数百円とかとにかく安い)。

今回はそんな一般利用できる製氷所で氷を購入!

 

さて、そうこういってる間に、遊漁船・海龍丸<かいりゅうまる>さんの乗船場のある柏原漁港に到着。

当日は台風通過の影響で、ウネリと強風が残るコンディションながら、何とか出船できるとのこと!

ちなみに船長は何と海龍丸の船長でありがならJBのバスプロトーナメントに参戦しているお方(JBトップ50参戦の経験あり)で、ポイント選択はバッチリ!

 

ちなみに、この日は、あの「みっぴ」も別のロケでこの船に同船してました! 何だかラッキー!!

 

 

さて、出船前にはタックルの準備!

山田さんも、たまちゃんも、リグるのか早いなぁと思ったら…。

実は最初からリグった状態になっている仕掛け「イカメタル仕掛け SV-I エステル」を装着していました!

2人とも最近のイカメタルではこの仕掛けを超絶に愛用!

その理由は、強度があってビンビンな高感度!しかもハリがあって仕掛けが絡みにくいエステルラインで組まれた仕掛けだから! 以前は2人ともフロロで組んだ仕掛け使ってたとのことなんだけど、このエステル仕掛け使い始めてからは、ほぼ絡まないっぷりと感度の高さでこのエステル仕掛けを使い続けているそうな!

 

 

 

山田さんがロケで用意したロッドは3本!

極鋭ゲーム MC-150AGS【ダイワ】

ダイワ公式  極鋭ゲーム詳細ページはこちら

 

エメラルダス AGS イカメタルロッド 攻めのKシリーズではK60LB IMを愛用

ダイワ公式 エメラルダスAGSイカメタルロッド詳細ページはこちら

 

 

エメラルダス AGS イカメタルロッド 乗せのNシリーズではN56XULB IMを愛用

ダイワ公式 エメラルダスAGSイカメタルロッド詳細ページはこちら

 

山田さんが用意していたリールはレンジを把握しやすいカウンター付きのベイトリール

イカメタルではイカがいる層を的確に把握しつつ攻めるのが超重要なので、山田さんはカウンター付きのベイトタックルで、水深をしっかり把握しつつ釣るスタイルが好み。
なので、カウンター付きのベイトタックルを用意! あとキレのあるアクションなどを効く場合もあるのでその時用にスピニングタックルも用意していました!

↑山田さんがロケで用意した3台のカウンター付きベイトリール!

上写真左からソルティストICS 103SH-L【ダイワ】、キャタリナIC 100SHL【ダイワ】、スパルタン MX IC150HL【ダイワ】

 

 

夕マヅメ頃に出船!

この日は台風通過後で、その余波がそこそこ残っていて、けっこう荒れ模様! かなり揺れながらも1時間ほど沖に出てポイント到着!

 

 

そうこうしている間に暗くなって釣りスタート!

ポイントはボトムまで水深65m前後のエリア!

そんな中、山田さんがまず選んだリグは、メタルスッテにドラッパーというスタンダードなイカメタル仕掛け!

サンライン公式イカメタル仕掛け SV-I エステル詳細ページはこちら

 

 

船のライトがガッツリ効いてイカが浮いてくるまではタナが深めな傾向が強いので、ボトム周辺をねっちりと攻めだします!

 

ウネリが強くて、なかなか厳しい条件! タナも上づらず、ボトム付近でたまにアタる感じ!

だけど、イカメタルフェチの2人は、色んな誘い方、リーダーの長さなども色々探ってあの手この手でケンサキイカを拾っていきます!!

 

この日は強風でウネリでなかなか爆発的な釣果は望めない状況ですが、そんな中でも山田さんが大事にしていたのは2つの戦略!

まず1つがイカの多いレンジを正確に把握し、そのレンジを中心に確実に仕掛けを送りむこと!

そしてもう1つ山田さんが大事にしていたのが、渋い時ほど、いろんな誘いを入れること!

激しめにシャクってアクションさせ、止めて食わせるが基本的な動作にしていたんですが、この止めの時間をいろいろ試してみたり…。誘い方のメリハリ、強弱も色々と実践!

またフォールで食わせにかかったり、釣れる層のちょい下から激しく巻き上げたり、イカが反応するアクションを常に探してヒットにつなげていました!

 

終始、ボトムから20mまでの間で、単発気味にイカのお触りがあるテクニカルな状態ながらも、イカメタルを満喫するお二人!

 

レンジがあがってきて、ケンサキの群れも集中すれば連発してくれる展開に持ち込めるんですが、この日はそんな感じは皆無!それに加えて、やっぱりウネリがキツすぎ…。

 

ウネリが強く食いも渋いのでオモリグにチェンジ

ならばと山田さんは仕掛けを安定させるべくオモリグにチェンジ!

食い渋り状態を打破するために山田さんは2ヒロほどのロングリーダーにしたオモリグに!

 

 

ロングリーダー部で使用するラインは、これまたエステル採用のイカメタル用リーダー「イカメタルリーダーSV-Ⅰ」を使用! ライン単体で売られているので、これを使えば自分好みのリーダーの長さにできます!

サンライン公式イカメタル リーダー SV-Ⅰ エステル詳細ページはこちら

規 格 号柄 2 2.5 3 4 5
30m単品 標準直径(mm) 0.148 0.165 0.19 0.205 0.235

 

 

 

裏技的なこととしてイカメタル仕掛けSV-Ⅰエステルのエダスを取って、三又サルカンにオモリを装着すれば、即席オモリグが完成(リーダーは1ヒロ)。

 

ロングリーダーのオモリグ作戦を試すと…

というわけで、荒れ荒れの中でも、エステル仕掛け投入!や、オモリグ作戦、様々な誘いバリエーションなど、考えうるいろんな手をうってイカメタルゲームを満喫できたのでした!

 

さて、さてそんな今回の玄界灘でのイカメタル実釣ロケの模様は、近々YouTube「 LureNews.TVチャンネル」で動画配信も予定しているので、そちらもお楽しみに!

 

サンライン(SUNLINE)

1977年設立、山口県岩国市を拠点とするラインメーカー。 独自技術の開発力が高いだけでなく、大手材料メーカーや大学研究機関との連携・共同研究 により、最新テクノロジーを駆使したライン開発も進めている。また各分野に約400人強のフィールドテスターがおり、現場からのフィードバックも豊富。 最新テクノロジーが導入されたあらゆるジャンル(バス、ソルト、トラウト、鮎、へらぶな、渓流など)のラインを続々と輩出中!