ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【沈む虫系?沈ませる虫系?】ミハラ的最近の釣りマクりワーム事情

寄稿:三原直之

こんにちは!イマカツプロスタッフの三原直之です。

三原直之(Mihara Naoyuki) プロフィール

東条湖をホームに2015年からTOP50メンバーとして日々戦っている。トーナメントの傍ら、東条湖観光スタッフ&ヒューマンフィッシングカレッジのトーナメントスキル講師としても活躍中。

個人的に怒涛のスケジュールで駆け抜けた真夏でしたが、なんだかんだ楽しく釣り三昧でした。

七色ダムで釣りマクり!

まず、レイドジャパンさんの「ブンボカン」というWEB番組にゲスト出演と言うことで、奈良県七色ダムでロケ!

江口俊介プロとみんなで楽しくワイワイとロケをして来たのですが、大事件 がテンコ盛り。

何が起きたのかは動画の公開をお楽しみにして頂くとして、やはり七色ダムは「スキニーイール」こと「スキニーイールクローラー4インチ(プロト)」の独壇場でした。

「2019Basser Allstar Classic THE WILD CARD」の時と同じく、カラーは「三原生ミミズ」、0.5gの ネコリグに、三原スペシャルサイトロッドの「ロデオライドリバイバー」で釣りマクりました(笑)

「風神スパイダートレーラー」に大注目!

さらにお盆明けすぐには福岡県遠賀川でオカッパリロケ。

遠賀川はトーナメントでの釣りは何回か経験があるのですが、オカッパリはほぼ「初」!

やはりボートからと岸からとではエントリーする場所も狙いも違ってくるので、なかなか苦戦しました。

そんな中、最近こっそり(?)再販された「風神スパイダートレーラー」 のダウンショットリグに助けられました。

これも「三原虫」のような「沈む虫」系なのかもしれませんが、正確には「沈ませる虫」系

塩入り高比重のワームが勝手に沈んでいくのか…浮力のあるワームをシンカーの重さによって沈ませるのか…

この違いは凄く大きく、「 沈む虫=エビ」というのは出来あがった理論だと思うのですが、「 風神スパイダートレーラー=エビ」ではないと考えています。

ただ、僕もまだイマイチ核心を突けていないので研究段階です。コチラも動画公開をお楽しみに。

霞ヶ浦水系でも安定の釣れ具合

そんな怒涛のラッシュをくぐり抜けてと言うか、まだまだ最中ですが、今は霞ヶ浦水系でのTOP50シリーズのプリプラクティス中。

そして、霞ヶ浦水系でも「スキニーイールクローラー4インチ」は安定の釣れ具合。

このクラスのワームで、ここまで細いモノは今までには無く、この「弱さ」こそが釣れる要素になっていると思います。

他メーカー含め、今まで使ってきた4インチクラスのワームの中では相当釣れる方のワームだと思いますよ。

ダイナミックに釣るのも楽しいですが、釣りマクるのも楽しいです。

「ロデオライドリバイバー」と「スキニーイールクローラー」の組み合わせ、もうすでに2019年のMVPでしょう。

ロッドの詳細も公開間近に迫っていますが、まずはその前にTOP50シリーズの年間ランキングで暫定1 位をキープすること。

感触も悪くないので、しっかり試合に向けて準備を整えていきます。