ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【スレたバスを攻略するための武器】OSP人気ジャークベイト「阿修羅」が生まれ変わり秋に登場予定!

暑さのピークが過ぎ、秋の始まりと言ったところですが、秋のバスフィッシングと言えば、巻物などのハードルアーが欠かせないですよね!

ですが最近のスレたバスは、どんなルアーでも見飽きたかのように、簡単に口を使ってくれません。

そんな中、そのスレたバスも一撃で仕留めることのできる、OSPの人気ジャークベイト「阿修羅」が更に生まれ変わり、登場します!

 

ASURA O.S.P II 925 SP【O.S.P 】

2019年9月登場予定

OSP公式「ASURA O.S.P II 925 SP」詳細ページはこちら

 

更に生まれ変わったASURA O.S.P II 925 SPなんですが、オリジナルの阿修羅O.S.Pとの違いは一体何か? と気になっていると思うので詳しく解説していきたいと思います。

 

オリジナルの「阿修羅O.S.P」

オリジナル阿修羅O.S.Pは2001年春にリリースされて、毎年生産を続けて来たんですが、金型が寿命を迎えることになりました。

長年に渡り、他の追随を許さず、その地位を守り続けて来たことには理由があります。

OSP公式「ASURA O.S.P 925 SP」詳細ページはこちら

 

長年に渡り地位を守り続けて来た理由とは?

9cmクラスのジャークベイトでありながらも、初の3本フックを採用。

フロントフックはライン絡みしにくい様に、後方寄りに配置しつつも、フック同士が絡まないようにベストな位置に配置。

細身ボディながらも、アイの長さを短くした、「ローライドアイ」の開発によって、ウエイトボールがアイを乗り越えることが可能になりNo.1の飛距離を実現することに成功しました。

横アイを採用することで、フックポイントを左右均等に配置できるようになり、フッキング率がUP。

ボディ断面を丸ではなく四角にして容積を増やし、サスペンドにする為のウエイトを増量できたことで、ウエイトと飛距離がアップ。

フラットな側面はジャーク&ポーズ時の強いフラッシングでバイトが多発。

おろそかにされがちであったタダ巻きとジャーク性能の両立は、付け根が細くても強度が保てる後刺しリップの採用でクリア。

他を引き離すための新機能を満載したことで、長年に渡り地位を守り続けて来た阿修羅O.S.Pでした。

1 / 4
次へ