ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ピックアップアングラーズ】Vol.3 本田賢一郎(福島県・桧原湖)

全国各地にいる釣りウマアングラーたち。

そんな各地でバスを釣りまくりなアングラー1人ひとりにフォーカスを当てて紹介していくのがこの【ピックアップアングラーズ】。

インタビュー方式で釣りを始めたきっかけや今現在のホームフィールドの状況・オススメの攻め方を紹介していただきます。

第3回目の今回は福島県で活躍する本田賢一郎さん!

本田 賢一郎(Kenichiro Honda) プロフィール

O.S.Pプロスタッフ。学生時代は桧原湖に通いつめ、2017年からはJB桧原に参戦。卒業後は霞ヶ浦水系の釣りに魅了される。ストイックに釣りに集中するため霞ヶ浦近郊へ引っ越し、オカッパリアングラーとしてフィールドを駆け回る毎日。様々な状況に適応しながら釣果をあげるテクニックを磨きつつ、オカッパリの楽しさをより多くの方へお伝えしていく事が目標! 「K.HONDA GUIDESEAVICE」として桧原湖でガイドも行う。
Q1.普段メインに釣りをされるホームフィールドを教えてください。

桧原湖がメインですが、霞ヶ浦にもたまに行きます。

Q2.バス釣り歴は何年ですか?また、釣りを始めたきっかけはどのようなものでしたか?

小学校4年生の時にバス釣りを初めてしたので、バス釣り歴は14年ぐらいになります。

本格的に始めたのは中学3年生からです。

親戚と一緒に野池で一緒に釣りをしたことがきっかけです。

Q3.釣り以外の趣味や好きなものは?

特にはありません。釣り1本です(笑)

Q4.得意な釣りのスタイルはどのようなものですか?また、その釣りに欠かすことのできないルアーを教えてください

ベイトタックルが中心のパワーフィッシングが好きです。

特にラバージグが好きで、ハンツドライブビーバードライブSSギルの組み合わせは欠かすことができません。

OSP公式「ハンツドライブSSギルドライブビーバー」詳細ページ

Q5.最近のホームフィールドはどのような状況でしょうか?

今年は季節の進行が遅く、少し変な感じではありますが他のフィールドに競べれば釣れていると思います。

例年ならベイトタックルばかりですが今年はスピニングでの釣果がほとんどです。

05タッガー04シンクロなどのスモラバや、HPシャッドテールの2.5inのダウンショット(1.3gが多い)で釣果が上がっています。

タックルとしては6’4″・ULパワーのソリッドティップロッドにフロロカーボンライン2lbというセッティングです。

OSP公式「タッガーシンクロHPシャッドテール」詳細ページ

Q6.今後ホームフィールドでアツくなりそうな釣り方はどのようなものですか?

ハンツドライブビーバー3.5inやドライブSSギルのヘビキャロなどが活躍してくれそうです。

7フィート・MHパワーのソリッドティップのロッドが扱いやすいです。

スモールは結構ジャンプされてバレることが多く、口も柔らかいのでソリッドティップにすることでバレにくくなります。

意外と感度もある上に操作もしやすいです。

このロッドを使うようになってバレることが減りました。

ラインはフットボールジグなら10Lbが基本です。

※ロッドはエアエッジ701MHB-ST・Eを使用

Q7.最後にひとことどうぞ!
これからOSPの看板選手になれるように精一杯頑張っていきますので応援よろしくお願いいたします!