ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

第11回「レンジャーZ519!!NEWラッピング完了の巻」

連載:諸富真二のめっちゃ若獅子!!

諸富真二(Morotomi Shinji) プロフィール

1990年3月生まれ、滋賀在住。シャロー&カバーゲームを得意とし、独自の観点から生まれたアプローチを駆使してデカバスと渡り合う、「琵琶湖の若獅子」。新進気鋭のフルタイムプロガイド。

レンジャーZ519!!NEWラッピング完了の巻

みなさんこんにちは! 琵琶湖の若獅子です!

さて!! 皆様は、お盆休みは良い釣り出来ましたか^_^❓

私は少し前にお盆休みを取って、城崎温泉でまったりしてきました(^∇^)

でもそこはやっぱり【釣り師・諸富真二】ということでやっぱ釣りもちょっとやってしまいました。笑

結果は爆釣! 若獅子ですわ!! 針だけでも喰ってくるレベル。

 

新艇のレンジャーZ519がラッピングで落ち着いたデザインに

そしてニュースがあります!! 今年の春に乗り換えた、新艇のレンジャーZ519をラッピングすることに!!

今回は、マットブラックベースにロゴは白!!

そして、真ん中はブルーバード仕様な落ち着いたデザインになりました^^

湖上でお見かけした時は、是非ともお声掛け下さい^^

基本的に、機嫌は良いと思いますので。笑

 

台風の影響で琵琶湖の水位は15cmも上昇

さて!本題の琵琶湖事情へと。お盆を襲った台風10号によって、琵琶湖も短時間ではありますが豪雨に見舞われ水位も15cm程アップしました!!

この夏は、釣果的にもかなり難しい状況だったので期待していましたが…
(※絶対みんなも期待していたでしょ…^_^)

結論!! あんま状況変わってなくね? 的なレベルでした。笑

なので前回と同じく大切になってくるのがコレ↓↓↓

『シーズナルパターン』を軸に考えて、現場で『その日の魚が何を求めているか?』
という事を意識する!!

そこでバスを釣るにあたって欠かせない要素はこちら!

■夏バスが求める3大要素

1:流れ

2:シェード

3:ベイトフィッシュ

この3つの条件が揃っていないと『夏シーズンに爆釣出来る事は無い❗️』と断言出来るので、確実に意識すべし^^

 

若獅子ガイドでの最近の必釣パターンを紹介!

ここで最近のガイドで好調なパターンを写真にて紹介していきます!

1:シャローでの『パンチ&フリップ』

パンチフリップでの最大の狙い所!!

それは『流れがより当たって最もウィード(※シェード)が濃い所。』なんです。

このポイントを意識してウィードを探すとより魚に出会えるかも知れませんね!

続いてはこちら!

 

2:ローライトなタイミングでの『ポッパーパターン』

ローライトでバスがカバーから離れてウロついている状態の時はポッパーが最強です!!

これからは暑さも落ち着き、色んなパターンが存在してくると思うので皆さんも自分の魚を探してみて下さいねっ。 それでは!