ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

SLJスーパーライトジギング講座【メタルジグのカラーローテーション】

寄稿:鳴瀬雄太

鳴瀬 雄太(Yuta Naruse) プロフィール

幼少期より釣りに親しみ、現在は玄界灘・響灘を中心にスーパーライトジギングのエキスパートとして活躍しているサラリーマンアングラー。 休日はほぼ釣り場へと出掛けている。愛称は、なるちゃん・海坊主などなど。 1985年生まれ。福岡県出身  福岡県在住。■ダイワ SWチームテスター

こんにちは!鳴瀬雄太(Yuta Naruse)です!

今回はSLJ(スーパーライトジギング)でのメタルジグのカラーローテーションの重要性について紹介していきたいと思います。

 

SLJにおいて効果的なカラーローテション方法を紹介

スーパーライトジギングをするにあたって、メタルジグのカラーを選ぶことは大事なポイントとなってきます。

現在、一般的にSLJ(スーパーライトジギング)ではグリーンゴールドが鉄板カラーとして認知されていますが、1色だけで釣りをしていると、どうしても釣れない時間帯もあったりします。

そんな時に大事になってくることはカラーローテーションです。

その日の釣りを始めるにあたって、最初は自分の好きなカラーや船長さんに聞いて、ここ最近の当たりカラーなどを付けて釣りを始めて良いと思います。

しかし、最初に付けているジグに反応がない状態が続くのであれば、カラーローテーションをすることをオススメします。

仮に最初に付けていたカラーが、グリーンゴールドであった場合であれば、ベースとなるカラーがアピールの強いゴールド系なので、正反対のシルバー系のカラーに変更する事をオススメします。

 

イチオシカラーを紹介

ゴールド系はグリーンゴールド・レッドゴールド・チャートゴールド

私が使うカラーラインナップとしては、ゴールド系はグリーンゴールド・レッドゴールド・チャートゴールド。

 

 

シルバー系はイワシ・ブルピン・ピンクシルバー。

 

根魚などをメインに狙いたいのであれば、グロー系やゼブラグローもオススメ

そして根魚などをメインに狙いたいのであれば、グロー系やゼブラグロー系のカラーを使うのも、一つの手となりますよ。

鉄板カラーというものは各地存在するかもしれませんが、その日その時の状況により刻々と魚の反応は変化するので、ルアーボックスの中にはゴールド系・シルバー系・グロー系と満遍なくカラーを揃えておくと、もしもの状況下でも対応できるはずですよ。