ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ダイワ・渡邉長士のアジング!現場投入した新作ワーム&スプーンなど紹介

アジング特集

ダイワの渡邉長士さんとアジングを楽しみに石川県・能登半島へ。

ダイワのアジングやメバリングといえば「月下美人」シリーズ。

ロッドにワームなど、今季も月下美人シリーズから新たなアイテムが多くリリースされます。

今回は実際に渡邉さんが現場投入したワームやスプーンをご紹介します!

なんと0.9インチの極小ワーム

まずひとつ目は月下美人ドリビーム0.9


出典:ダイワ

辻原伸弥さん監修のドリビーム。むちゃくちゃ小さい0.9インチ。

これくらい小さいと、操作感がないというか「ノー感じ」になりやすいのですが、小さいながらもクビレがしっかりある3つのボールがつながったようなボディで、潮噛みもよく、存在感もハッキリしています。

プランクトンパターン、豆アジ狙いにも!

ドリビームは低波動アクションかつ食い込みのよいソフトボディ。

ついばむだけでフッキングに至らない…なんて時に吸い込ませることができます。

また、極小ボディで潮流に乗ったプランクトンなどの演出も得意でドリフトパターンにグッド。

ということで、豆アジ狙いにも心強い感じですね!

ちなみにデイメバルでも活躍してくれました!

また、特濃集魚コアがボディ内部にあり、集魚力も強い。

出典:ダイワ

カラーラインナップも11色と豊富!

桜ドットグローは点発光でアミやプランクトンパターンに最適です!

【月下美人ドリビーム0.9の製品詳細ページは→コチラ

1 / 3
次へ