ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ヒロセマン直伝ライトロック講座!【ジグラバースルー&ブン太スイムタイプの二刀流】

ライトロック特集

気軽に楽しめるライトロックをヒロセマンがレクチャー!

「ロックフィッシュ」と聞くとガチンコの磯でハードな釣りというイメージを抱くアングラーも多いかも。

しかし!最近人気なのはライトなロックフィッシュゲーム!

足場のよい漁港や堤防で楽しめるライトロックゲームはロックゲーム入門者にもピッタリ!

北海道から沖縄まで楽しめる身近なゲームがライトロック。

今回はヒロセマンがライトロックのオススメパターンを伝授してくれるぞ!

今回ヒロセマンが紹介してくれるのは2種類の釣り方

今回ヒロセマンに教えてもらった釣り方は2種類!

一つがジグラバースルーのタイラバタイプを使ったリトリーブパターン。

そしてもう1つがブン太スイムタイプを使用したリフト&フォールのパターン。

ジグラバースルーのタイラバタイプ。ちなみにこちらは新色のプロト!

新たにブン太シリーズに仲間入りしたスイムタイプ

ジグラバースルーでキャッチした良型ガシラ

①ジグラバースルー・タイラバタイプのリトリーブ

ロックフィッシュはボトムを叩きながら釣るイメージを持つかもしれないが、実は巻いても釣れる!

特にオオモンハタなどはむしろ巻いたほうが釣れるぐらい。

ルアーを回収するぐらいのリトリーブスピードでも全然食ってくるのだ。

そんなロック狙いのリトリーブによるスイミングパターンにオススメなのがジグラバースルーのタイラバタイプ!

ショアから楽しむタイラバ、いわゆる「ショアラバ」。

じつはこのショアラバでもロックフィッシュが狙えるってわけ!

遊動式のシンカーなのでアタリの感度も抜群ながらバレにくい!

さらに飛距離も抜群!

シンカーが10g・15g・20gのものはオフセットタイプ、30g・ 40g・60gのものがタイラバタイプとなっている。

別売りで替えフックもあるので10g・15g・20gしか持っていなくても組み合わせ可能!

実際今回ロケでヒロセマンは20gにネクタイタイプを組み合わせていたぞ!

ロックフィッシュはもちろんマダイだって当然釣れる!

ジグラバースルーの詳しい詳細はこちらのメジャークラフトのHPから!

リトリーブで攻めるメリットは何と言っても手返しの良さ!

ロックフィッシュを狙う際の王道パターンはジグヘッドやテキサスなどのボトムでのズル引きやリフト&フォール。

しかしどうしてもこの釣り方だと1投に時間がかかってしまう。

その反面、リトリーブによるスイミングアプローチであれば、かなり手返し良くサーチしていくことが可能!

活性の高いものからドンドン釣っていくことができるのだ。

アクションはボトムを取って少し巻いたらまた底を取る、の繰り返し

アクションは至って簡単!

キャストしたらまずはボトムを取るべし。

そして底にルアーが着いたらボトムから2mほどの高さまで巻いてくる(だいたいハンドル7~8回転ぐらい)。

そしたらまたラインをフリーにして着底させて巻いて…の繰り返し!

巻いては落として…の繰り返し!

フォールさせている間にもバイトはあるので気を緩めないように注意が必要だ!

一投ごとに投げる方向を変えよう

ライトロックでは何度も同じ場所で同じ釣りをし続けることはあまりオススメしない。

一投ごとに投げる方向を変えてやろう。

活性の高い魚はだいたい一投目に食ってくる。

数を伸ばそうと思うならどんどん足を使ってランガンするのが◎。

ショアラバの釣りからフォローとしてワームの釣りに切り替えるのもアリだぞ!

フッキングは魚の重みを感じてから追いアワセ

タイラバ同様、リトリーブでオートにノセるのが基本。

魚の重みを感じてから追いアワセを入れてやるようにしよう。

早アワセはスッポ抜けの原因なので厳禁!

大きくフッキングする必要はないぞ

次の日のでは②ブン太スイムを使用したリフト&フォールを紹介!

1 / 2
次へ