ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

トモ清水のガッ釣りソルト「チヌゲーム 暑い日の楽しみ方」

連載:トモ清水「ガッ釣りソルト」

トモ清水(Shimizu Tomo) プロフィール

PFJ(ピュア・フィッシング・ジャパン)であらゆる魚種のAbu Garciaロッド製品開発を担当するスーパーマルチアングラー。ホームは、関東外房(フィールドテストで全国行脚するため、大阪、広島、九州、北陸すべてセカンドホームグラウンド)。趣味はサーフィン、スノーボード、キャンプと多趣味だが、釣りがダントツ。1977年9月生まれ。本名は清水智一

トモ清水のガッ釣りソルト「チヌゲーム 暑い日の楽しみ方」

日中のドピーカン天候はさすがに釣りが困難。9月に入ってもまだまだ暑い日が続きますので、日中の釣りは熱中症対策をお忘れなく。身近なアングラーでも、軽い熱中症になった方はたくさん見ています。まさか自分は大丈夫とは思わずに気をつけましょう

こうも暑い日が続くと、ドピーカンの太陽が照り返した日中は釣りに行くにも暑くて大変。熱中症の危険もこの時期は、ともないますよね。私も出来るだけ朝と夕方のまづめ時に絞って釣りをしている状況です。

9月に入っても残暑は続きますので、まだまだ要注意ですが、暑い日でも楽しめるのが夜釣り。秋になると夜も長くなってきますので、夕涼みがてら気軽に出来て、強い魚の引きも楽しめるのがナイトのチヌゲーム。

タックルもシンプルで、クロダイ専用のチェックメイトのルアーを一つ付けて投げて巻くだけ。釣果を伸ばすコツは、ボトムの凹凸を感じながらゆっくりと巻くことです。そしてアタリがあってもすぐに合わせずに、ロッドにしっかりと魚の重みがのってから大きくフッキングします。そんなシンプルで気軽に楽しめるチヌゲームを香川に行ってきた時に、地元の藤田元樹さんと楽しんできました。

藤田元樹さんとダブルヒット~♪ナイトのチヌゲームはこの時期にぴったり!
ゲンキマンに香川のチヌゲームを教わりながら釣りをしていると、すぐにヒット~!
その後も連発です♪

夕涼みのチヌゲームにオススメのタックルは、持ち運びが便利な「ソルティースタイル・カラーズ」

出張時には必ずスーツケースかリュックに忍ばせておくマイタックルがソルティースタイル・カラーズ。パックロッドでカラフルなアイテムで、旅のお供に非常に重宝しているタックルです。モデルは704LTのベイトフィネスモデル。

カラーズのベイトフィネスモデルで良型ゲット。黄色だと目立つでしょ!ルアーはチェックメイトのトレーラーなし。これをただ巻いてくれば誰にでも簡単に釣れちゃうんです!

このモデルがあれば今回楽しんだチヌゲームもライトロックも、メバルもアジングも楽しめます。さらにはソルトのジャンル問わず、バスやトラウトも気軽にどこでも楽しめるので、1本あると非常に便利です。4ピースながら曲がりは綺麗で、強度も十分にあります。機内に持ち込み出来るので、出張が多い方にも便利。専用のロッドケースも付属しているので、ロッド破損からも防いでくれます。

3.5g、5g、7g、10gとラインナップ。コスパが高く、さらに根掛かりがしにくいルアー。巻くだけでチヌが釣れちゃいます♪

クロダイ専用ルアーの「チェックメイト」で1投目からヒット!

ちょっとタックルの前置きが長くなりましたが、どこにでもある香川の河口で楽しめるチヌゲーム。日中暑くて釣りにならない日も、平日仕事帰りにでも楽しめるのがナイトのチヌゲームです。

元樹くん曰く、チェックメイトにトレーラーを付けなくともクロダイが釣れるとのこと。しかもアベレージサイズが40cmオーバー。元樹くんのフィンチチャンネルの動画撮影も兼ねながらスタート。

すると1投目から二人ともヒット!私の方は残念ながら外れちゃいましたが、1投目から良型のチヌがヒットして驚き。カラーズの704LTにチェックメイトの7gオレンジカラーをセレクトしキャスト。そして一度ボトムまで落としてゆっくり巻いてくると「ガツガツ」とした明確なバイト。そして慌てずにロッドにしっかりと重みがのってからフッキングしていきました。

キモはラバー。ラバーが少なくなるとアタリが減るので交換しましょう

その後2人ともアタリは出続け、ダブルヒットもあって短時間で夜のチヌゲームを満喫。元樹くんもチェックメイトのトレーラーなし。これでも十分に釣れるこのルアー。もし渋い時やフグが少ない時、アピール力を増したい時はガルプ!のサンドワームなどをトレーラーとして使うのもおすすめですよ。

香川は干満差が激しく、元樹くんのオススメ時間帯としては干潮からの上げ潮狙いが良いとのことです。イメージはフレッシュな魚が海から川に差してくる感じです。このチヌゲームは、ベイトタックル、スピニングタックル両方いけるので、お好きなタックルでまずはチャレンジしてみては。意外と身近な川に大型のチヌがたくさん居るかもしれませんよ。

この時の様子を撮影した動画もアップされましたので、こちらも是非チェックしてみてくださいね。

次ページに続く!
1 / 2
次へ