ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【キワモノの極み!?】ハイスピードエスケープアクションでデカバスが狂う!「ブータスライダー」登場

寄稿:薮田和幸

みなさん、こんにちは! 琵琶湖プロガイドの薮田和幸です。

薮田 和幸 (Kazuyuki Yabuta ) プロフィール

ミックバスクラブ所属の琵琶湖プロフェッショナルフィッシングガイド。imakatsu プロスタッフ。 パワーフィッシングをメインに琵琶湖でのバス釣りを楽しみ尽くすスタイル。山形県出身。O型。

今年の夏は暑い!暑過ぎる!

そんな夏をさらに熱くするルアーが遂に登場となります。

無骨過ぎる見た目、謎の形状、かなりのキワモノルアーであること間違いナシ。

その名も「ブータスライダー」

今回は、そんな「ブータスライダー」を解説しちゃいます。

ギミック満載のソフトジャークベイト

琵琶湖を中心に全国的にも定着したソフトジャークベイト。

操作系の釣りが大好きなヤブタ的にもソフトジャークベイトは大きな武器となってくれてい ました。

そんな中、アメモノ、 国産と様々なソフトジャークベイトを使っていく中で、 どうしても必要だと思ったギミックを詰め込んだのが「ブータスライダ ー」です。

百聞は一見にしかず!

まずはコチラのアクションムービーをご覧ください。

ヤバくないですか!? コレ、喰っちゃうヤツです。

「ブータスライダー」は、「ジャバロン」の様なハイスピードエスケープアクション、 力強いダートアクション、 まさに逃げ回るパニックベイトそのもの。

コダワリ抜いた形状で、様々なアクションを可能になっています。

生き物感たっぷりのソフトマテリアル

何種類ものマテリアルをテストし、より水をグリップし、 バスが咥えても離しにくいソフトマテリアルを採用。

フッキング率も高いです。

さらに破損防止のコイルがワームの顎の部分に搭載されていますよ。

軽い力で飛び跳ねるフロントキール

「ブータフロッグ」を連想させるフロントキールは、軽い力でもルアーを跳ね上げることができます。

これにより、連続ジャークベイトでは想定不能のパニックアクションを演出が可能です。

 平行ボディとハイスピードエスケープアクションを発生させるリアキール

ボディ左右を平行し、 水流を一気にリアキールに流すことにより振り子の原理で「ジャバロン」の様なハイスピードエスケープアクションを可能にしてくれています。

また、リア部にネイルシンカーを入れれば、さらにアクションが大きくなります。

絡み防止の骨入りテール

テール部に入った骨は、テールの絡みや垂れを防止してくれるので、 ウィード等のストラクチャーに突っ込ませた際でもアピール抜群です。

あらゆるフィールドにマッチするサイズ感

テスト段階では9インチまでのサイズを試しましたが、 まずは全国どこのバスフィールドにでもマッチする7インチを採用しました。

琵琶湖ではハスやギル、全国のフィールドでもギルはモチロン、 オイカワ、 鮎などデカバスが好む大型のベイトフィッシュのサイズ感となっています。

カラーラインナップ

ブータスライダーのカラーラインナップは以下です(㊤から)

#S-477:サファイアブルー
#S-411:イマエナチュラルワカサギ
#S-306:ゴーストアユ
#S-476:エレクトリックシャッド
#S-475:ゴールドシャッド
#S-72:パールホワイト

8月末出荷予定ということで、初回カラーラインナップはベイトフィッシュ系カラーを中心にセレクトしています。

いよいよ登場する「ブータスライダー」。
様々なフィールドで様々な使い方で衝撃的なバイトを体感してみてください!