ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【フロートリグアジング】装着するジグヘッドの重さとフッキングの関係を検証

連載:オンスタックルうらら「現場イズム」

うらら(浦 満晴)(Mitsuharu Ura) プロフィール

マナティーやワインド釣法でお馴染み!オンスタックルの「釣り担当」。メインの仕事はとにかく現場で実釣を行い、その経験&ノウハウを製品作りに役立てること! 連載タイトル通り、まさに現場イズムを貫いているアングラー! 実際、春夏秋冬1年中、旬のSWターゲットを追い求め壮絶なランガンを繰り返す生活を送っている。ワインドゲームは大好物だけど、犬はチョ~苦手!

こんにちは!オンスタックルの「うらら」こと浦 満晴です。

 

今回は大阪南部でのフロートアジングをお届けします

潮時表を確認すると満潮の潮位と下げ始めの時間がええ感じやなぁ(笑)

と思い、向かった先は大阪南部のフロートリグ系攻めがピッタリな場所。

スタートフィッシングは20時15分頃。 満潮までは1時間ほどあるものの、すでに潮の動きは鈍く、アタリの出方もあんまり良くない状況でした。

浮かせると反応が鈍くなるので、フロートをシンキングタイプにセレクトして、スローなアクションで何とか1匹目をキャッチ!

1匹目のアジ

 

ワームは強風対策で「マゴバチ 1.7in」をセレクト!

オンスタックル公式「マゴバチ 1.7in」詳細ページはこちら

 

バイトがあるが中々フッキングに至らず苦戦

ですが、バイトがあるのに掛からないアタリが多すぎる。

活性が低いために、吸い込みが悪いのか? と考えてジグヘッドを軽くしてみる(0.2g → 0.1g)と、ヒット率がUPするかもと期待したが良化なし。やっぱり!という感じ。

では、0.4gにするとどうなる?

はい! 難なく掛かり始めたんですよ(^^)

実は、この現象は2日前の釣行時にも同様の事があり、先程の「やっぱり」と、言うのは軽くしてもダメという再現性が確認できたからなんです!

2日前のアジ。ウエイトを上げることでしっかりフッキング

 

ウエイトアップによってフッキング率が上がった訳とは?

軽くすれば抵抗が少なくなり吸い込みが良くなる! これはよく耳にする事ですが、この2回の釣行での状況はこんな感じでした。

南西の風が横から強く吹きつけ、海面は波立っていたんです。

フロート場という事もあり水深は浅いので、海面の波は水中にも大きく影響しているんです。

という事は「リグ」が安定していないと考え、ジグヘッドをウエイトアップ!

そうすることでリーダーの張りを保ち、ジグヘッドの浮き上がりを抑えることに成功♪

その後、下げ潮が効き始め活性が急上昇すると再びジグヘッドを0.2gに戻し時合いに突入(^^)

時合い突入と共に0.2gに変更

 

22時のストップフィッシングまでに26匹キャッチでした♪

使用タックル紹介

ロッド:カスタムロッド7.9

リール:18ステラC2000S 夢屋C2000 N2010スプール【シマノ】

ライン:リアルデシテックス プレミアムWX8(0.4号)【YGKよつあみ】

リーダー:GPZ_(1.2号)【YGKよつあみ】

フロート:シンキングフロート(11g)

ジグヘッド:バランサーヘッド(0.2g)(0.4g)【カルティバ】

ルアー:マゴバチ 1.7in【オンスタックル】

 

 

WEB連載、オンスタックルうらら「現場イズム」毎週 火曜日 配信

過去配信記事はこちら

1 / 2
次へ