ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

VARIVASのNEWライン「アブソルートMG フロロカーボン」インプレッション!巻物編【寄稿by柳浦秀貴】

みなさん、こんにちは。VARIVASフィールドテスターの柳浦です。

柳浦 秀貴 プロフィール

VARIVASフィールドテスター。ボート・オカッパリの両方を巧みにこなす岡山県のロコアングラー。JB旭川にも参戦。
これまでの常識を覆すフロロカーボンライン「アブソルートMG(フロロカーボン)」

新発売のアブソルートMG(フロロカーボン)は使っていただけましたか?


出典:バリバス・アブソルートMGフロロカーボン商品ページ

フロロカーボンは固くて巻き癖がつきやすく、ゴワゴワ感があるというイメージをお持ちの方もいらっしゃると思います。

しかし、このアブソルートMG(フロロカーボン)は非常にしなやかで扱い易いフロロカーボンラインとなっています。

まるでナイロンラインのようなしなやかさで巻物にも◎

今回はチャターやスピナーベイトといった巻物で使用してみましたが、まるでナイロンラインでキャストしているかのようなしなやかさ。

それでいてラインの伸びが少ない、強度もある、といったトータルバランスの優れたフロロカーボンラインです。

最大の特徴!「マジカルグリーン」というカラー

そして、最大の特徴といえば、フロロカーボンラインでは珍しい色付きとなっており、薄いクリアグリーン(マジカルグリーン)のラインです。

私のよく行く旭川ダムや野池の水色にも良くマッチしていました。

水に入ると魚に気付かれにくい色であるため、素晴らしいステルス性能を発揮してくれると思います。

また、アングラーからは非常に視認性が良く、ルアーを操作しやすいといったメリットがあります。

◆使用タックル
ロッド:ベイト63M
ライン: アブソルートMG(フロロカーボン)12lb.【バリバス】
ルアー:スピナーベイト3/8oz

この日は風が強く、立ち位置の限られたオカッパリの釣りでは、どうしても横風と戦わないといけない状況でした。

そんな時、ラインが見え易いので、風による糸ふけをメンディングしやすく、ルアーをストレスなく操作できましたし、バイトからフッキングの動作もロスなく行えました。

また、雨のパラつくローライトな夕暮れ時の釣行でもラインの視認性バッチリでした。

こちらもスピナーベイトで!

全国的に長梅雨の今年。

ローライト時には、

このアブソルートMG(フロロカーボン)で巻きの展開をお楽しみいただければと思います。

撃ちモノでももちろん使いやすい!

先日、同じタックルでテキサスリグやフットボールリグにも使用しましたが、底質感度もよく扱い易かったです。

持てるロッド本数が限られるオカッパリの釣りには「巻き系」、「撃ち系」をバーサタイルにこなせるアブソルートMG(フロロカーボン)がオススメです。


出典:バリバス・アブソルートCB商品ページ

特にオカッパリアングラーには是非とも使ってみていただきたいラインです!

トップウォーターには「アブソルートCB(ナイロン)」がオススメ!

梅雨のローライト時、もう一つの楽しみといえばトップウォーターフィッシング!

私はポッパーを好んでセレクトするんですが、こちらにはアブソルートCB(ナイロン)です。

トップウォータープラグのアクションを最大限の活かせるのが浮力のあるナイロンラインの強み!

こちらも是非使ってみてください(^^)

◆使用タックル
ロッド:ブラックウィドウMF65L-T【モーリス】
ライン:アブソルートCB(ナイロン)10lb.【バリバス】
ルアー:ポッパー

1 / 2
次へ