ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ガイド前田のデカバス大追跡「一気に夏めきモードの琵琶湖は“やりきること”が大切!」

連載:ガイド前田「琵琶湖デカバス大追跡」

前田純(ガイド前田)(Maeda Jun) プロフィール

ボートハウスラッシュをベースとしてマザーレイクでドデスカンサイズを追い求める、ガイド前田の愛称で親しまれる超ベテランガイド。スポンサーはデプス、ダイワ、次元、ハヤブサ、レインズ、ホンデックス、ボートハウスラッシュ、フィッシングマンボウなど。愛知出身・滋賀在住。

ガイド前田のデカバス大追跡「一気に夏めきモードの琵琶湖は“やりきること”が大切!」

みなさんどーも、ガイド前田です。ビシバシ釣っちゃってますか?
梅雨明けして一気に真夏になりましたね~!ていうか、例年に比べると梅雨の時の気温が低くて過ごしやすかったのですが、梅雨明けしたとたんに猛暑。気温差に身体がついていかなくて体調管理が大変です。

水温も急上昇したので、水の中でも似たような感じだと考えると、今後はウイードの中を狙った釣りがメインになるかもですね~。具体的にはリーダーレスドロップショットやヘビーテキサスリグなんかが良くなってくると思われます。南湖西岸は水面近くまでウイードが繁茂していて、実際に釣れた出しています。

他には、そのようなウイードエリアの上を狙ったBカスタムチャターやブルシューターシリーズなんかでウイードの中から飛び出させる釣りも考えられるし、アウトサイドエッジを狙ってジャンカリのテキサスリグやキンクー13インチのネコリグなんかもアリだと思われます。

一方、私の得意とする北湖のディープフラット(通称 北の砂漠)もパッとした感じはなく、アユやハス、スゴモロコなどといったベイトフィッシュとバスがリンクしたタイミングでポロっと釣れるような感じです。
北湖の砂漠では、十八番のヘッドロックジグサカマタシャッドのヘビーキャロライナリグ、グルカナイフキンクー13インチの例の使い方などでやっています。


相変わらず魚が少なくてコレといったパターンがなく、前回にも書いたように「釣れない時は水面系かビッグベイト」ってのもアリなので、こちら側が「何をやりきれるか」、「どれだけやりきれるか」ってところが多いです。みなさんも「やりきれる」ルアーとリグで「やりきって」貴重な1発を狙っちゃってくださいね~!

梅雨も開けて夏本番!連日かなりの猛暑なので日焼け対策や熱中症対策もお忘れなく!モチロンお魚も熱いので、釣り上げたお魚を焼けたボートデッキの上や焼けた地べたに置くのはやめてあげましょうね~!
それではまた!