ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ガンクラフトのクランク「バクラ150」のオカッパリでの必殺テク公開

鈴木 基悦(Motoyoshi Suzuki) プロフィール

和歌山県紀ノ川(きのかわ)をホームグラウンドとするオカッパリバサー。自身でロッドを製作するロッドビルダーでもあり、個人ブランド「GENO CROSS(ジェノクロス)」を主宰。愛称は「もっくん」

こんにちは! 紀ノ川をメインにオカッパリを楽しんでいる鈴木基悦(すずき・もとよし)です。

今回は僕の紀ノ川オカッパリ攻めで、ハードベイト戦略の主力ルアーとなっているルアーと使い方をご紹介させていただきます!

 

2019年春の紀の川でドハマりしたしたのがバクラの150なんです!

2019年春の紀ノ川は、過去と比較すると珍しいぐらい好釣果に沸いていたのですが、そんな中で大活躍してくれたのがバクラ

バクラは潜行深度別にSR、150、250、400と4種類がラインナップされているシステムクランクベイト。

ガンクラフト公式「バクラ150、250、400」詳細ページはこちら

ガンクラフト公式「バクラSR」詳細ページはこちら

 

オカッパリメインの僕は基本的にSRか150を使用することが多いのですが、特に紀ノ川で活躍してくれるのが150。今年の春も150が大活躍してくれました。

 

バクラが効く理由はヌメヌメ系アクションと、ブッ飛び性能の高さ!

バクラの特徴はクランクベイトにしては控え目でナチュラルなアクションという点。実はこれは他のガンクラフトルアーにも共通する特長といえます。バクラはあまり派手にケツを振らずに、「ブリブリ」というよりは「ヌメヌメ」と動く感じなんです。

この特長がハイプレッシャーでクリアな水質のフィールドで効果を発揮し、キラーズベイトと並んで僕の紀ノ川での主力ハードベイトになっている理由になっています。

 

なお、ワイヤードリップシステムのおかげでまるで矢のようにカッ飛び、紀ノ川のような風の強いフィールドでもバックラッシュしづらいのもメリットです。

ワイヤードリップシステム 三つの利点
①飛距離
キャスト時にはボディー本体とリップの隙間を空気が通ることで、空気がリップを挟み込みボディーを安定させ、固定重心でありながら飛躍的に飛距離をUPさせることに成功しました。
②潜る
リトリーブ時にはボディー本体とリップの隙間を余分な水が抜けることで素早く急潜行で潜ります。また潜行時、リップに受ける水がボディーとリップの隙間を抜けます。そのため、クランクの持つ『ブルブル感』はそのままに引き抵抗が軽くなりました、
③コンタクト
障害物にコンタクトした時もボディー本体とリップの隙間を水が抜けることでバランスを崩しながらもアクションをし続けるといった、これまでのクランクにはなかった独特な障害物の回避を生み出します。

出典:ガンクラフト公式サイト

 

 

 

バクラのオカッパリでの2つの使い方をご紹介

さてそんなバクラの紀ノ川での主な使い方は2つ!

1つが沈みモノ狙いのカバークランキング、そしてもう1つはフラットエリアのサーチ。

今春は後者がメインの使い方で、特にスポーンが絡む時期、プリスポーンの待機エリアを威嚇バイト狙いでクランキングする戦略がハマりました。

で、本題のこれからの暑い時期の使い方は、水通しの良い沖の沈みモノを遠投で狙う戦略と、大雨後のドチャ濁りでの使用です。

 

水通しの良い沖の沈みモノを遠投で狙うカバークランキング戦略

まず沈みモノ狙いでは、根掛かりしそうな感触を感じるとリーリングをストップしてライジングで回避するのがコツ。

その際、ラインテンションを完全に抜くのではなく、少しテンションを残してやるとイイ感じにライジングしてくれるので、そのタイミングがバイトチャンスになります。

なおラインはフロロの11Lb~13Lbくらいがベストマッチで、これぐらいの太さの方がライジング時の把握度があがります。

 

大雨後のドチャ濁りでの投入時はカラー選択がキモ

大雨後のドチャ濁りの際は、戦略云々ではなくカラー選択がキモ。

絶対に、チャートヘッドブラックが圧倒的に強いです!

バクラを投げるならチャートヘッドブラックは必ず1個ボックスに忍ばせておいてください。
紀ノ川のドチャ濁り時、チャートヘッドブラックの爆発力にはすごいものがありますよ。

意外とこういうカラーのクランクベイトって少ないですしね。

 

 

以上、僕が紀ノ川オカッパリで多用しているハードベイト「バクラ」についてご紹介させていただきました!

みなさんのよく行くフィールドに合わせて潜行深度とカラーを選んで現場投入してみてくださいね。

 

1 / 2
次へ